秋冬のお出かけは、サボサンダルで。

こんばんは、ヤマネコです。

秋冬に向けて、サボサンダルを買いました。

といいつつ購入したのは初夏で、今夏の間も大活躍していました。

 

暑い季節は、素足やスニーカーソックスで。
寒い季節は、タイツや厚手の靴下とあわせて。

コーデによっては通年使えるサボサンダルが昔から大好きなのですが、一度手放してから何年もご無沙汰でした。久しぶりに取り入れたいと迷うこと二年ほど。別途愛用し始めた「リゲッタカヌー」のサンダルがすごくはきやすかったので、同メーカーのサボを試してみることに。

サボはサボでも、条件がいくつか。

  • 色は黒。
  • 素材は合皮(できれば動物製品以外で)。
  • 安定感をそなえつつも、高さ(ヒール)がある。

色と素材だけなら選択肢はたくさん見つかるのですが、「サボでヒールがある」という条件で、もちろん「歩きやすさ」も考えるとなかなか理想のものが見つかりませんでした。

そんな中で選んだのが、リゲッタのバナナヒール。しかも低身長にはうれしい7cm。

実は試し履きをしたときに「いつものサイズ(Mサイズ)」だと大きめに感じました。サボなのでゆるっとはくのがかわいくもあるのですが、リゲッタのシリーズは土台が硬めなので歩きやすさが心配だったのと、ゆるいサボは何かの拍子にスポンと脱げてしまいそうで。店内を歩きながら悩んだ末に、購入したのは一つ小さめのSサイズ。

私にはきついかと思ったけれど、足にぴったりあっていて歩きやすさにホッとしました。靴下着用でジャストフィット(サボのはき方ではないかもしれませんが)。

冒頭で「厚手の靴下とあわせる」と書きましたが、どちらかといえば冬はスカート&タイツ派の私は、ワンサイズ落として正解だったように思います。

 

季節を問わず、数キロ単位で歩くときはスニーカー。
歩くことがメインでない外出は、近場も遠出もサボサンダル。

サンダルだと着脱が楽だし、背の低い私にとってヒールがあることも心の安定にもつながります。大げさなようですが「電車のつり革につかまれない」といったトラブルもあり得るので、場合によっては本当に死活問題。だからこそ安定感のある太目ヒールであることも大切でした。

あくまでサンダルなのでフォーマルにはNGでも、タイツやストッキングの色を選べば派手な装いにはならないし、パンツでもスカートでもあうのでカジュアルコーデには取り入れやすいかなと。何より季節問わず使いやすいのは、靴を厳選する上でうれしいポイントでした。

劣化の様子を見ながらになりますが、可能ならば十年くらいははきたいな、と願ってしまうサンダルです。

 

 

本日の猫。

何かを狙う弟猫に、

歩いてきた兄猫がドーン!!!!

ぜったい、わざとだと思う。
カメラを向けたまま笑ってしまいました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ