いらなくなった子猫の首輪を、再使用。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年わが家に迎えた子猫も、体はすっかり成猫になりました。

500mlのペットボトル一本分くらいだった子が4kg近くになっているのだから、見た目の変化も相当なもの。変わらないのは、いたずら坊主の中身だけでしょうか。

 

そんなわけで体格が変わったため、子猫時代の首輪は使えなくなってしまいました。

何やら凄惨な乱闘事件の痕跡が見えますが、今となってはそれもよい思い出です。十分に使い切ったと思える形で感謝して処分する。そんな決心には毎回少しだけ時間がかかってしまい、実は今回もまだ手元に残しています。

ただの思い出の品としてではなく、

ひも状のものをまとめる「ケーブルタイ」として使っています。

 

写真で束ねているのは、お財布ポシェット用に買い足したストラップ。

着脱できるストラップは本体と分けて持ち歩くことが時々あって、そういう場面で活躍するのがケーブルタイです。似たような収納グッズを100円ショップで買おうかどうか、と迷っていたときに思いつきました。

 

愛猫の首輪であれば、明らかに自分の趣味でないものは選ばないし、持ち物としての活用も悪くないかなと。また首輪のデザインにもよるけれど「長さ」の調節ができるものも多く、束ねるコード類にあわせた使い方も可能で重宝しています。

そして何より「思い出の品」を死蔵させることなく、もう少しだけ長いおつきあいができるので、それもうれしい発見でした。

これまでにもなかなか手放せない(心情的に分解できない)首輪があったのですが、似たような用途で再活躍中。

時にはアクセサリー感覚で身につけることも(十年以上前の赤い首輪)。用途はその時々で変わりつつも死蔵せずに使えるうちは、どれも最後まで大事に活用したいと思っています。

 

本日は、ちびっこ時代の秘蔵写真から。

まずは首輪デビューする前のガリガリくん。

その少し後、初めての首輪に慌てふためいていたのに、おもちゃを渡したら完全に忘れてくれたところ。

いずれも、成長後の写真(推定一歳四ヶ月)と見比べるとびっくりします。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ