食器をタッパーに変える「プットカバー」

こんばんは、ヤマネコです。

以前から「ラップ」の消費量についてはわが家の課題だったのですが、最近解決への一歩を踏み出しました。

ラップ代わりのプットカバー

購入したのはこちらのシリコン製のフタ(プットカバー)。

使い始めてまだ数日程度なのですが…これは、今年買って良かったもののベスト10入り確定だ!と思うくらいの存在になっています。

毎朝まとめて炊くごはん

わが家は毎朝一日分のごはんを炊き、それを多めに持っているごはん茶碗に盛りつけ、その茶碗にラップをして冷蔵庫へ入れていました。毎食炊き立てを食べられるのが一番ですが、今の生活スタイル的に難しいからです。

茶碗は増えますが、別途タッパーを持つ必要がなく、それを洗ったり管理する必要もなく、「ごはんだけ」を包むよりラップの消費量も抑えられていたと思います。その結果、数時間~半日のためにラップを使い捨てているのが気がかりでした。

使い捨てないシリコンラップ

そこで「ごはん茶碗」に適した、使い捨てないシリコンラップを探すことに。

最初の候補

もともと検討していたのは、通常のラップのようにサイドまでカバーする吸着型。

ただ、使える食器は大きすぎても小さすぎてもフィット感に欠けそうで、用途(対応食器)が限られるのが気になりました。また、未使用時はホコリがつきやすいというレビューを見かけ、そもそもどうやって保管すればいいのだろう?と躊躇していました。

理想どおりのプットカバー

そんなときに見つけたのが今回の商品でした。

  • マグカップ~ごはん茶碗~小丼に使えるサイズ
  • 白系無地
  • オールシリコン(できれば一体型)
  • 凹凸は最小限(できれば一切なし)
  • 適度な厚みと柔らかさ(ふにゃふにゃでない)
  • べたべたしない質感

ちなみに左の器の中には雑穀米が入っていますが、乳白系の色がついているのと、厚みがあるのであまり透けません。中身が見えないのは不便な場合もありますが、今回はごはん茶碗との組み合わせをメインに考えていたので、くり返しのレンチンに耐える厚みと強度を優先させました。

最初は少しべたつくかな?と感じましたが、わが家にある他のシリコン製品と同じような保管方法でも埃の付着などは気になりません。

突起部分も一体型シリコンで、とても洗いやすいです。

100円ショップにも似たものが

実は以前100円ショップでもそっくりなものを見たことがありました。私の理想より薄かったので保留にしたのですが(マグカップ用の100円シリコン蓋を二年ほどで劣化させてしまった経験があるため)、お値段は魅力的でした。

そして今回それよりは高かったのですが、しっかりしたものを見つけられたと思います。そしてあれだけ毎日使っていたラップの消費量が激減。年間100m近いラップを使い捨てていたので、それがだいぶ減らせるのだと思ったらやはり買ってよかったと思います。

おわりに

それでも「ラップを完全にやめること」はまだ考えていません。食品をぴったり包むような使い方をするときは、ラップでないとと思います。

手づくりや自炊を続ける上でなかなかゼロにはできないものですが、ちょっとだけ消費量を減らすことは、これからも心掛けていきたいです。

 

本日の猫。

朝からポカポカ気持ちのいい一日だったので、ラグを撤去して天日干し。

中途半端な空模様だと干しにくいし撤去することで猫たちの居場所もなくなってしまうので、これからの季節はお天気と相談する日が増えそうです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ