最近、人に言いにくかったこと。

こんばんは、ヤマネコです。

今日は出先で車酔いし、同行した友人たちに迷惑をかけてしまいました。

子どもの頃から乗り物に酔いやすい体質だったのですが、最近はその傾向があまり出ず、今日も対策はほとんどしないまま出かけることに。結果、三時間近くぐったり。更にひどい症状が出なかったのは不幸中の幸いでした。

あまり薬に頼りたくないのだけれど、人に迷惑をかけるくらいなら「備え」は必要だなと猛省中です。しばらく車で遠出する予定はありませんが、また少し気をつけていこうと思います。

 

そんな車移動の道中、見つけるたびに立ち寄ったのがドラッグストアでした。

理由は、「マスク」の購入です。

 

新型コロナウイルスへの心配から発展してしまった、マスク不足問題。いつもならニュースになるような世界は私の田舎暮らしとは一線を画しているように感じることが多いのですが、このマスク不足に関しては身近なところでも騒動になっています。

どこに行ってもマスクが買えない。
在庫があっても、すごく高い。

毎日のようにご近所さんや友人たちの口からそんな話が耳に入ります。

ただ季節的な理由(風邪や花粉への対策)もあって多少はストックをしていたり、昨年の購入品が残っていたりするお宅も多いようでした。ところが節制しつつ利用していたマスクでさえ、そろそろ本格的に使い切ってしまいそうだ、と慌て始めた方が再び増えてきた様子。

今日の遠出については目的が別途あったものの、藁にもすがる想いでドラッグストアのはしごも兼ねることに。正直、みんなダメ元という気持ちだったと思うのですが、なんと覗いたうちの一店で「お一人さま一箱限り」を各人確保できました。ネット上で見かけた転売価格(定価の十倍以上)を知っていた身には、価格も良心的でした。

 

そんなわけでわが家でも一箱買ったのですが、それは別の友人に譲りました。

というのも、うち、マスクのストックがまだあるんです。

写真は先月のもので、この時点ではサイズや色違いのストックもたくさんありました。

 

これは今回の騒動の最中買い占めてきたわけではなくて、昨年の春くらいに愛用しているピッタマスクが特価になっているのを見つけ、防災用品を見直していた時期(3~4月)でもあったことから、まとめて買いおいたものです。定期的に花粉症と猫アレルギー(換毛期)のダブル攻撃を迎え撃たなければならないので、私を含めてうちの家族にとってもマスクは必須アイテムだから。

ただあまりに長引くマスク不足に、もうストックが切れてしまうと悩む友人たちには使ってもらおうと分けました。ふだんは布マスクを使っているし、さすがに一年後の今でも残っているストックは買いすぎたかなと気恥ずかしく思う一方で、役に立った結果論に喜んでしまう自分もいます。

 

実際のところマスクの使用は「ウイルスの侵入を予防する」のにはあまり役に立たないという話(うわさ?)も聞きます。効果が大きいのは「すでにウイルスを持っている人が他者にうつさない」ようにすることで、マスクはそのための道具だと。仮に予防策になるとしても、本当に衛生面を考慮するなら使い捨てが必須(洗って使い回してはいけない)という情報も見聞きしました。

そうはいっても人混みや満員電車の中、今の健康状態が良好でも、たとえ何度か使い回したものであっても、マスクをつけている安心感は大きい、と私も思うのです。

だから続くマスク不足の中で「実はストックがあります(ありました)」というのを、なんとなく言いづらく感じていました。

 

ためない暮らしを心掛けるようになった今は「買いだめ」をすることにも気が引けます。でも今回、マスクはたくさん買っておいてよかったなと。ほんの少しとはいえ友人たちの役にも立てました。

収納にも限界があるので、やはりなんでもかんでもためこむわけにはいきませんが、「衛生用品」や「防災用品」に関しては、なくなればパニックが起こりかねないもの。これからも必要量より「少し多め」を目安に備えていこうと思います。

(マスクに関しては以前と同様に供給され始めたらストックを再開したいです)

 

本日の猫。

今日も朝から猫を簀巻きにしました。

全然、意に介してもらえませんでしたが。

彼は紛れもなく私を苦しめるアレルギー源(猫アレルギーの元凶)のはずなのですが、存在自体が私の心の薬になっている。これぞ「毒にも薬にもなる」いきものです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き
シンプル・ミニマルライフの美容と健康