パーソナルカラー診断は、戸惑いの結果。

こんばんは、ヤマネコです。

とうとう私も、「パーソナルカラー診断」を受けてきました。

 

「パーソナルカラー」を簡単に説明するなら、自分の魅力を引き立ててくれる色。

たとえば、首回りのストールなどに取り入れることで…

  • しみやしわが目立たない色
  • 顔全体のたるみがひきしまって見える色
  • 瞳がきれいに輝くように見える色

などなど。もともと自分が持っている肌や瞳の色などを基準に示す「似合う色」というのは千差万別。それをざっくり四分類(四季の呼称)にし、「傾向」を知るのがパーソナルカラー診断。

服やメイクにパーソナルカラーを取り入れることで、「錯覚」をコントロールするのが診断の目的だと思います。

自発的な「好きな色」「服に選びたい色」とは違う場合があるので、この診断がすべてではないはず。ただ何かと迷いがちな私のようなタイプには指針になってくれるのではないかなと、受けてみることにしました。

 

とはいえ、なかなか踏ん切りがつかないまま、ここ数年はネット上で設問に答えていく「自己診断」で満足していたんです。

  • 髪や瞳の色は、うすい/茶系か濃い/黒系か?:「かなり濃いめの黒系」
  • 血管の色は、青か緑か?:「私は青っぽい気がする」
  • 日焼けしたあとは、小麦色に焼けるか?:「赤くなるだけ」
  • 似合うアクセサリーは、金か銀か?:「シルバーだと思う」

などが問いの一部。

そして、私のパーソナルカラー自己診断は「サマー」。
同じく、肌色は「ブルーベース」。

サマーは日本人に一番多い分類だそうで、よいポイントをあげると「涼しげでやわらかなイメージ」。自分でいうのは恥ずかしい部分もあるけれど、消去法で考えても間違いないかなと。

 

スプリングは、私にはかわいらしすぎる。このグループには実年齢より若く見える特徴もあるそうですが、これも私にはありえないなと。

オータムは、落ち着いたアースカラーという個人的に一番好きな色が並んでいますが、だからこそ「似合わない」と感じ続けてきたのです。やはり、ありえないなと。

ウィンターは、設問だけを見れば可能性があるように感じました。似合う色に原色が多いのは気になったけれど、黒やネイビーとは比較的相性がよい気がしていたから。

でもやっぱり、サマー以外は考えられない。

 

そう思って臨んだパーソナルカラー診断。

結果は、まさかの「スプリング」。

 

まさかの。

  • イメージは「キュート」「アクティブ」「ポップ」「フレッシュ」。
  • 似合う色の傾向は、「春に咲く花の色」「セキセイインコの色」などと呼ばれるビタミンカラーやパステル系。
  • 似合うアクセサリーは、ゴールド。
  • 似合うメイクは、イエローベースにあわせたもの。

この診断結果にショックを受ける女性は少数派かもしれません…が、私は呆然。スプリングだけはぜったいにない!と思っていたから。

 

提示された色はすごくステキで、大好きです。
イメージワードも、あこがれそのもの。

ただ私が、「自分に似合う」と思ったことが過去一度もなかっただけのこと。

 

数年前から、ぼんやりと自分は「サマー」だと思っていたし、「ブルーベース」だと思っていたし、恥ずかしながら似合うと思いこんで選んできたアクセサリーは「シルバー」でした。

ぜんぶ、的外れ。

 

ただ、実際に少しメイクをしていただいたところ、あ、悪くないなと。

とくに、生まれてこの方初めてだった「アイメイクに黄緑」。のせた量がわずかだったおかげか、パレット上で見るほどびっくりするような発色ではなく、想像よりもなじんでいました。

チークやリップも、青みがかったピンクよりはオレンジ系。

そしてようやく、ああ、スプリングだったのか…と納得できたのでした。

 

もともとメイクが苦手だったので、コスメ類の数も少なく、「買いなおす」という無駄が最小限ですみそうなのは不幸中の幸い。

アクセサリーはシルバーばかり。といってもコスメと同じくわずかな所持数なので、ゴールド系を一つくらい持ってみてもいいかなと検討中。

現在、手持ちの服にスプリング向きの色は一つもありませんが、これも今後は考えてみます。黄みがかったホワイト系や、キャラメル色なら手に取りやすそう。

そもそも私がおしゃれに対して苦手意識を持っていたのは、服選びやメイクをする工程以前に「似合う雰囲気や色」がわからなかったから。改めて自分に合いそうな傾向と、少しだけメイクの仕方も教わってきたので、一人の成人女性として、ものすごく遅まきながらのスタートラインに立てた気が…するのですが、どうでしょう。

 

パーソナルカラー診断は、自分自身の「似合う」を把握している方にとっては、必須とはいえないものだと思います。

でも自己診断に確信が持てなかったり、更なる情報への探究心が旺盛だったり、私のように「似合う、とは一体…?」と右往左往している場合は、プロの意見を求めに行くのも一つの道かもしれません。

結果に絶句する場合もありますが、よほどの誤診でなければ新しい発見ができる時間になるはず。

私はこの結果をもとに、来年はもう少し自分に自信を持てるよう努力しようと思います。

 

余談ですが、ポインセチアはお世話になっているお花屋さんがクリスマスプレゼント(?)で持ってきてくださいました。数日間だけ、お仏壇に飾らせてもらっています。

 

本日の猫。

誰だ、爪とぎベッドの皮(?)をむいたのは。

「怒らないでやってください」

「あいつも悪気があったわけじゃないんです」

あいつ、というのは…

たぶん、このこんにゃろう。

「チガウヨ!ボク、シラナイヨ☆」

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告