追記あり*寝具にもプラス、ぱくぱくローラー。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年、試し始めてあっという間に気に入ってしまった「ぱくぱくローラー」を新たに買い足しました。

今回は「ふとん用」です。

 

当初は床とふとんで兼用にすることも考えたのですが、やはり分けておいたほうが気持ちがいいかなと新しく買い足すことにしました。

ふとん用といっても、床用と仕様の違いがあるようには感じません。サイズも、形状も、ほこりがとれるしくみも、私が見る限りすべて同じ。

違いがあるとすれば色で、床用は白(アイボリー)、ふとん用は青。

(※以下追記)と思っていたのですが……

その後、メーカーさまから「ふとん掃除用(青)にはプラスチックとエチケットブラシの生地に抗菌加工がされている」とお知らせいただきました。誤った情報をのせてしまったこと、お詫び申し上げます。

(個人的にはブルーを買っておいてよかった……という点が不幸中の幸いでした。また、ますます日本シールさまのファンになりました)

機能性(訂正)使い勝手が同じなら、わが家のインテリア的には白を買い足したほうがすっきりするようにも思ったのですが、衛生面を考慮して用途を分ける以上は色違いのほうが取り違えにくくて安心かなと青を選びました。

ちなみにふとん用(青)のエチケットブラシ部分はグレー(シルバー)。この色合いもさわやかな組み合わせで気に入っています。

 

実はふとん用のぱくぱくローラーを買い足したのは昨年末のことで、冬の寝具、夏の寝具、いずれもお試しがすんでいます。

冬は起毛素材の寝具も採用していたため、回収できる綿埃の量もなかなかのものでした。春は寝具が少しだけ軽くなり、代わりに換毛期に入った猫の毛がよくとれました。そして夏の現在、やはり猫の毛は十分キャッチするものの、寝具のかさと比例して綿埃の量は減っています。まだ秋にはぱくぱくローラーを使っていませんが寝具自体に「秋専用」のものがないので、心配もないかなと。

今年はリネン素材の寝具(ベルメゾンのボックスシーツ)にしたので、もしかしたら綿埃がそれなりに出るかもしれないと覚悟していたのですが、詰め物がポリエステルのおかげ(?)か、もとの品質がよかったのか、悩ましいほどの問題にはなりませんでした。一安心です。

 

夏になったら埃とりだけでなく、寝具の洗濯頻度も上げたいなと思っていました。ところが7月も終わろうかというこの時期に、今年はまだ梅雨明けの見通しが立っていない関東。予報ではこのまま8月に突入するとも聞きます。

個人的には涼しいのがありがたく、雨の日も好きだから梅雨も嫌ではないのだけれど、やはりそろそろ明けてくれると家事もはかどりそうかな、と悩ましい気持ちで7月末をすごしています。

 

本日の猫。

今日は細い手すりで香箱座りを始めた猫。

写真を撮りたくて何度も名前を呼びかけていたところ、この人間はやかましいな、という反応で立ち去ってしまいました。

……と見せかけて、ちょっとだけUターン。

最後はなんだかんだで「こっち向いて!」に応えてくれる、サービス精神旺盛な猫でした。
(私がしつこいだけかもしれません……)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き