2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

夏の枕元に、置き始めたもの。

こんばんは、ヤマネコです。

数週間前からの見直しで、最近寝る前に準備をしているものがあります。

それは水。

飲み物です。

  • 常温の水(目安として最低200mlくらい)。
  • 飲みたいときにすぐ飲める状態。
  • うっかり倒しても被害の少ない容器。

目的は、熱中症対策と、のどの乾燥対策のため。

 

寝ている間に起こる熱中症は意外と多いのだそう。深夜はエアコンを停めるお宅が多いのも理由のようですが、そもそも熱中症は昼間起こるものというイメージを持ってしまうことも原因なのかなと思います。

私自身が油断しがちだったので、その対策として枕元に飲み水を置くことにしました。

  1. コップ一杯の水を、寝る前に飲んでおく。
  2. 枕元には別途水を置き、起床時(深夜帯や朝)に強いのどの渇きを感じたら飲む。

私はもともと就寝前に水を飲む習慣があります。

サプリを飲み、その流れで水を飲み干すだけでした。それとはまた別に、新たなボトルを深夜用に用意しておくことに。

置き水の容器はうっかり倒したときの被害が少ないことと、もともと家にあるものですませたいという発想からプロテインボトルになりました。常温のほうが適しているようだったので、ステンレスボトルよりも洗いやすいものにしています。

 

毎朝、起床直後は口の中の雑菌を飲みこまないよう、すぐにうがいと歯みがきをしたいタイプ。そのため今回のように枕元に置いた水をその場で飲むことはほとんどなく、基本的には起きた後に歯みがきをしてから一杯を飲むようにしています。

だから枕元に置くのは万が一の備え。

熱中症と乾燥の対策、応急処置として二通りの役割を兼ね、お守り代わりに置くことに。昨日のブログでも書いたのですが、今夏も口元の乾燥には色々悩むことが多いので、このボトルもその一つとして役立てていきます。

 

本日の猫。

考え事をする兄猫。

よかったら相談に乗らせてほしいです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き