ストーブ調理の愛用品と、どんど焼き。

ストーブ調理の愛用品と、どんど焼き。

こんばんは、ヤマネコです。

石油ストーブのある暮らし、二度目の冬を満喫中です。

2016年の秋に人生初の石油ストーブを購入し、以後は晩秋から初春にかけ、部屋の乾燥をあまり気にせず、ぬくぬくとすごせるようになりました。

今年は昨冬より寒く感じるのと闘病中の猫がいることで、「こたつ」などのピンポイント暖房より「室内全体」をあたためることを優先。灯油の消費量はぐっと増えてしまったのですが、これも必要経費。おかげさまで家族全員にとって快適な毎日になっています。

 

そんなわが家の石油ストーブは、上部にやかんや湯たんぽなどをのせて温められるタイプで、とても経済的。

ものをのせておくことが猫の飛び乗り防止にもなるかなと、「暖房だけ」の用途で使う時間はほとんどないように思います。

日に何度か淹れるお茶用の熱湯を常備できたり、鍋をのせたり、時々焼き芋も楽しんだり、ストーブは「調理道具」としても大活躍なのですが、昨年末から更に加わったアイテムがありました。

それが、この茶色いシート。

これは使い捨てないタイプの、オーブンシートです。

 

母が愛用していたのを見て、私も使い始めたもの。

オーブンの天板へ直に敷くのはもちろん、手持ちのケーキ型に折ったり切ったりしたものを常備もしています。好きな形状で使えるので本当に便利。極めつけは、洗ってくり返し使い続けることができる。私にとってはそれが一番の魅力でした。

そして最近、それをストーブの上でも使っています。

 

焼いてから時間の経ったパンなどは、この上にのせておくと焼き立てのような香りに包まれます。またお正月にいただく機会の多かったお餅もここで焼いていたのですが、このシートが便利なのはほとんどくっつかないこと。

今日はどんど焼き(道祖神)でお団子をつくったのですが、水加減が目分量で(ごめんなさい)少々べたつくお団子になってしまいました。

でもこのシートの上だと、くるくるひっくり返すのも簡単。いい具合に焦げ目もついて、楽しく、おいしく、いただきました。

 

使い終えたらシートをはずし(火傷注意)、丸洗い。

多少の汚れは水洗いでもするりと落ちます。

 

もとはストーブ用のシートではないため、何をするにも自己責任。注意は怠れません。

でも金属製の焼き網などを使うよりお手入れが楽で、部屋を暖める「ついで」の調理に大活躍。わが家のストーブには、欠かせない存在となっています。

 

 

わが家の毎日ごはんのテーマ。

 

本日の猫。

ぐっすり眠る子あれば…

そっとカメラを向けたとたんに、臨戦態勢で覚醒する子あり。
このあと、カメラに頭突きしていただきました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、応援ポイントが入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ