大晦日の、一騒動。

こんばんは、ヤマネコです。

大晦日です。

 

この年末は早めに御節の準備を始め、ほとんど悩むことなく順調に完成までこぎつけながら、鏡餅やしめ縄も昨日飾り終えました。ここ数年は同じようにのんびりすごそうという気持ちでいたけれど、これまでで一番穏やかな年の瀬を迎えられたような気がします。

そんな中で、ちょっとした事件が起きました。

 

ここ数日の午前中は御節の準備に励んでおりまして、今日はその仕上げ、という大晦日。

そんな本日お昼頃、玄関の扉にドンと何かぶつかる音がしたんです。その後、ばさりという木の枝が落ちたのか? というような気配まで。

 

わが家は戸建て。玄関先にも植物はあるのだけれど、その音につながるような心当たりがありません。出かけた家族の帰宅時間はまだまだ先のはずで、来客の予定もなし。ご近所さんだとしても状況的に違和感しかなく、あまり聞かない音の原因にはまったく予想がつきませんでした。

瞬時に恐怖心も沸き起こりましたが、それ以上に不安だったのは私のそばにいた猫たちがダッシュで隠れてしまったこと。玄関と猫スペースは離れているのですが、それでも響くほどの音だったからこそ怖かった。

とはいえ放置しておくのも恐ろしく、そもそも今日は仕上げに玄関掃除をしたいと思っていたので確認しないわけにもいきません。続く音や人の気配がないことをじっくり見極めてから、おっかなびっくり扉を開けたんです。

 

開いた扉の向こう、そこには誰もいませんでした。

庭の様子や、そこから見渡せる景色もいつもと変わり映えありません。

 

最初は扉をほんのわずか開けるだけで外を覗いていたのですが、目視できる範囲がいつもどおりなことに安心し、更に踏み出して周囲をきょろきょろ。侵入者を心配しつつ例の野良猫の存在も思い出したのですが、その姿も見えません。いたとしても、少し時間をおいたから去ってしまった後なのかもしれない。

不安は拭い去れなくても、ひとまず何ごともなさそうでようやく安心できました。掃除は後でしようと改めて玄関の扉に向き直り、そこでようやく音の原因が発覚。

昨日吊り下げたはずのしめ縄飾りが外れて落下していたんです。

 

わが家のしめ縄飾りは100円ショップの品を土台にし、手持ちの材料や庭の植物を足して仕上げたもの。それでもやはり軽量のため、風で飛ばされてしまったのかもしれません。

最初はそう思ったのだけれど、落ちて散らばってしまった飾りをかき集めながら、違う理由に気がつきました。

私がしめ縄に追加した飾りの一つが、昨日のうちに庭で切った南天の実。そのいくつかが玄関の前にころころと転がっていて、その一部には鳥がつついたような痕跡があったんです。

おそらく飾りに使った実を鳥が狙い、玄関の扉に体当たりする勢いでつついたか、奪っていったのだと思いました。

わが家の庭の南天の樹は、野鳥にとっても格好の餌場なのだと思います。気づくと丸裸になっている年もしばしば。この年末はその実を収穫できた! と喜んだのが昨日のこと。まさか収穫した後に狙われ、しかもお飾りを落とされてしまうとはびっくりです。

 

そんな思わぬ騒動のあった大晦日。ただ最初は不審者だったらどうしよう? という不安のほうが大きかったので、原因が発覚したことに胸をなでおろしました。むしろ可愛いいたずらのような出来事でよかったなと。

トラブルなく年越しをしたいと思っていたのはやまやまですが、一瞬の緊張の後、おかげで気持ちが和みました。

 

それから無事に御節も完成し、今夜は予定どおりのんびり。

今年も続くコロナ禍で以前の暮らしとは少し違う日々をすごしていたけれど、個人的には大きな悩みなどを抱えることなく穏やかに生活してきました。逆に大ニュースで歓喜するようなこともなかったのですが、そうして普通に暮らせることが一番の幸せだというのを今は重々理解してます。

たぶんこのまま、心を乱すことなく一年を締めくくれそう。それが何よりありがたくて。

 

改めまして、今年も細々と更新を続けるブログへのおつきあいをありがとうございました。
数時間後に迫る新しい年も、みなさまの更なるご多幸をお祈りいたします。

2021年12月31日

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き