アルコール消毒の備えに、置き型のスプレーボトル。

こんばんは、ヤマネコです。

お盆に向けて、アルコール用の置き型スプレーボトルを買いました。

 

私は最初「置き型のスプレーボトル」というのにピンとこなかったのですが、スーパーやホームセンターなどの施設の出入り口などにも設置されていることの多いタイプです。

ボトル自体はシャンプーなどを入れるポンプ型に近いものですが、中に入れた液体が出てくるときは霧状になる、というもの。

手指の消毒にアルコールを使いたいとき、トリガーを引くタイプと違ってボトル本体を持ち上げる必要がない(ふれる場所が少なくすむ)ぶん、人の出入りが多い場所だとより衛生的かなと感じます。

身近なところではアルコールを入れる以外の用途を思いつかないけれど、まさにこのタイプのボトルを求めていました。

 

愛用中のアルコール、パストリーゼ77からも同様のボトルタイプが出ています。わが家でも購入を検討し続けているものの、春以降はは適正な価格で手に入れることが難しい状態が継続中。

一応わが家には「中身」がまだ手元にあるので、ボトルだけでも手に入らないか? と検討し直し始めたところで今回のものを見つけました。

そしてさっそく詰め替え作業に。余談ですが、こぼしたときに大惨事になりそうなもの(液体・粉末・キャットフードなど)は、できるだけ水滴を拭き上げたシンクを使って作業しています。

ボトル本体の厚みは十分だと感じますが、中身が少し透ける様子。個人的に、残量がわかりやすいのは便利だなと思います。

さっそく押してみると、手のひら全体にしっかりアルコールが広がりました。もっと少なく、狭い飛び散り方で、じっくり塗り広げる必要があると思ったけれど、今の私が求めている用途では理想に近いものでした。

 

今回のボトルは二本購入し、一本はわが家で、もう一本は知人宅へお届けしました。私は気長にいつか(パストリーゼから出ているものを)買えたらいいなと思っていたのですが、このお盆休みに人の出入りが増えそうな知人宅ではどうしても用意しておきたいとのことだったため。

そのお宅では少し前には業者さん(エアコン清掃など)の出入りも続いていたそうで、お盆に限らず、迎えるお客さまに使っていただきやすいのは「置き型」のほうかなと思いました。

 

ボトル一つをとってもメーカー品か否かで使用感や質感の違いに気づくことがあり、今回のものもどうかなと思ったのですが、今のところ問題なく使えています。

  • 意外とたっぷり(左右の手指にすりこむのにも十分な量)出てくる。
  • 霧はそこまで細かくない印象だけれど、消毒用なら許容範囲と思える。
  • 空の状態でも容器の安定感は悪くない(中身が減るほどに倒れやすくなる心配は少ない)。

アルコール対応とはなっていたものの、思いのほか使いやすいものがお安く手に入ったので「長持ちしてくれるか」は少し心配。ただ愛用メーカーのボトルが無理なく買えるようになったら入れ替えてもいいかなという考えもあって、「今」をしのぐために選びました。

 

そして明日から、地域によってはお盆入りかと思います。私の周囲でもできる限り帰省しない(受け入れない)という話を見聞きしては、少し複雑な想いを抱えています。現状を考えれば正しいと思うけれど、多くの方にとってさみしく、つらいことだろうなと想像してしまうから。

そして事情は人それぞれなので、双方が備えておくことも大切だなと。夏の心配事は感染症だけにとどまらないので、まずはこの夏を乗り切るために、できる対策は取り入れていこうと思っています。

 

 

本日の猫。

彼が密状態で対面しているのは、以前書いていたペットモニターのカメラです。

今だけは、こういう形でのオンライン帰省(?)もありかもしれません。

それにしても君とカメラは、もう少しソーシャルディスタンスを意識したほうがいいと思うな……(この状態だと、スマホから顔のアップしか見えないので)。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き