今や必須アイテム、お布団ズレ落ちクリップ。

こんばんは、ヤマネコです。

ベッドで就寝しています。今の寝相は悪くないほうなので、寝ている間に布団がずれて困った記憶はほとんどありません。

昨秋までは、なかったのです。

 

この冬の間ずっと悩んでいたのが、掛け布団のズレ落ち。

そんなことで悩むようになった理由は、例にもれず件の子猫でした。

いつでもどこでも元気な彼ですが、それは寝室でも変わりません。

一時期よりは、掛け布団の上でくり広げられる単独運動会は減ってきたのだけれど、それでもよく動く子で。もちろん動き回ることは受け入れた上で同衾しているため、「重い」とか「騒々しい」のも許容範囲です。

でも、でした。

いつからか困り始めたのは、元気すぎる子猫のおかげで掛け布団がずれていくこと。毎朝、予定よりもずっと早く(なんなら就寝してから小一時間程度)で目が覚める理由が「掛け布団が消えている」からでした。

もちろんそれは、ベッドから床に落ちているだけなのですが。といっても、私自身がやんちゃな寝相をしていた子ども時代を振り返ってさえ、ここまで布団が行方不明になっていた記憶はありません。それも、毎晩の如く。

掛け布団って、中で寝ている私がほとんど動かなくても、その上で誰かに飛び跳ねられたらずれていくものなんですね。初めて知りました。

 

この布団のズレ落ちをどうにかしたいなと思い、すぐにイメージしたのはベッドガードでした。ベッドの左右に設置する手すりのようなものです。色々な寝具に対応したベッドガードが、単体で市販されているのを見たことがありました。この状況ではそれが必要かなと。

それでもちょっと躊躇しているうちに見つけたのが、「お布団ズレ落ちクリップ」でした。
(正確には「お布団ズレ落ち防止クリップ」だと思います)

まさに今回のような「布団のズレ落ち」で悩む人に向けて販売されているもの。

平ゴムとプラスチック部品でつくられた、三つ又の不思議なクリップ。

このクリップで留めるのは、三種類の寝具です。私の場合はこちらの三点。

  1. 掛け布団
  2. ガーゼケット
  3. 敷きパッド

なんと、これだけで布団のズレ落ちがなくなりました。

 

このクリップ、ネットで見つけた時点で気づいてはいましたが、実物を手にしたらあまりにも簡素なつくり。なおのこと効果にも半信半疑だったのですが、使用当日の、翌朝、自分の上の布団がほとんどずれていないことに一人でにやけてしまうほど感激しました。

寒さで一度も目を覚ますこともなく、こんなにあたたかい朝を迎えたのは久しぶり。隣で寝ていた猫に、思わず「ずれてないね!」と話しかけてしまったほど。

 

よく見ると微妙に違うゴムの長さも、取りつけやすさにつながっていました。

こうして三つ又になっているクリップだから、日中、掛け布団を干すときは敷きパッドのクリップだけ外せば移動も簡単。

クリップの仕様が少し特殊で「指先で折る」ようにして開閉します。

でも慣れてしまえばそれも簡単。最初は簡素なつくりだと思ったけれど、細かいところがすばらしく配慮されているし、本当に必要十分なシンプルさだと思いました。

 

商品としては同じクリップが「二個セット」になっています。

本来は「左右どちらかに二つ」か「左右に一つずつ」と、一人で二つ(二ヶ所)使うものだと思いますが、私の場合は一つ(一ヶ所)でも十分な効果がありました。

 

悔やまれるのは、買ったのが「つい先日」ということ。

もう立春も過ぎてしまった今、もっと早くに出会いたかったアイテムでした。

 

というわけで、まだ使い始めて一週間くらい。いつもならもう少し様子を見てからブログに書くのですが、暦の上ではもう春ですし、これはもう使用開始初日から一日もトラブルなく快適なので解禁することに。

せっかくなので長く使いたいとは思うけれど、欲を言えば次の冬は、このクリップが必要ないくらいに子猫の性格が落ち着いているといいな……とも願ってみたくなります。

 

Amazonで見つけたのですが、楽天のほうがお安かったです。

送料込みで1,000円。失礼ながら自分でもつくれそうな形状だなと考えてしまったのですが、二つ分の材料を一からそろえること+手間賃&送料を考えたら適正価格だと思います。

 

本日の猫写真は、一枚だけ。

「今日もいい回転だったぜ」

(本日の洗濯機チェック)
(回ってるところは見えない機種だけれども)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ