フォーマル用に、お団子ネット。

こんばんは、ヤマネコです。

ちょうど一年ほど前に、髪を結い上げるためのお団子ネットを買いました。

私自身が必要と感じたというより、親戚からの助言があって用意したものです。

 

ここ数年はヘアドネーションをするために常に髪を伸ばしています。時期によってはお尻に届くくらいの長さになるので、日常的にヘアゴムで束ねたり、かんざしで結い上げたりするのが私の基本スタイルとなりました。使うアイテムも華美なものではなく、どちらかといえばシンプルで目立ちにくいもの。だから冠婚葬祭、とくに弔事の席ではそのまま使えるかなと思っていたのだけれど、あるとき法事の席で「お団子ネットを使ったほうがいい」と言われたんです。

私としてはシンプルな(黒いお箸のような)かんざしやヘアゴムでもいいかなと思ったのですが、身内の集まりではよくご一緒する方からのご助言なら倣っておいて損はないかなと用意しておくことにしました。

 

手に入れたのは、光沢のない黒いかざりのついたお団子ネット。

かざりというのはシフォン生地をプリーツ(?)にしたもの。黒髪とあわせるなら目立つほどではなさそうです。

それでももっとシンプルなものがいいのだろうか? と、最初に声をかけてくれた親戚に相談したところ、派手ではなさそうだからと合格点をいただきました。

留める部分はバレッタ。

シンプルなネットだけを買ってヘアピンで留めることも考えたのですが、髪の量が多いのと、私自身の不器用さもあって少し不安だったのです。その点バレッタならしっかり固定できる。昔使っていた経験からの安心感がありました。

ネット生地もしっかりしています。ちょっと小さめに見えたのだけれど、私のロングヘアもきっちり収まりホッとしました。

 

実はこちら、ナイトキャップとして使っている医療用帽子を扱うお店で買った、日本製のお団子ネット。帽子のほうがとてもよかったので、こちらのお店なら安心かなとお団子ネットもお願いしたのですが、正解だったと思います。

つくりはもちろん、梱包も、シフォンがつぶれないように丁寧にされて届きました。正直過剰梱包かなと感じる部分もあるのですが、一点一点とても大事に扱われているようで、購入者としての安心感はとても大きいお店だと思っています。

 

私はあまりフォーマルの席に慣れておらず、インターネットや書籍からの情報に頼りがちです。でも同席する方からのアドバイスはローカルマナーなども加味されているので参考にさせていただけるのはありがたいことだと思っています。

(たまに反抗したくなることもあるのですが……それはそれ)実際のところ、和装にも洋装にもこれ一つですみそうなので、安心できるアイテムとなりました。

ところが購入してすぐにコロナ禍となり、結局使ったのは身内の葬儀(家族葬のお手伝いで人前には出ない状況)での一度きり。とはいえフォーマル向けの備えとして今も大事に保管しています。

 

本日の猫。

連日寒いのに、なでてなでてと、私の前に並んでくれる兄猫たち。

たまに弟猫の気配を感じるとすっと起き上がるのですが……

無事(?)を確認すると、またリラックスしてくれるのでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き