失敗続きの湯シャンに、三度目の挑戦。

こんばんは、ヤマネコです。

十日ほど前から湯シャンを取り入れてみました。過去に二度挑戦・失敗し、諦めてからの再チャレンジです。

私のスペック – 髪質

剛毛、直毛、セミロング。どちらかと言えば(普通に近い)乾燥寄り。

長所は手ぐしで寝癖がなおるので、おろしているだけなら「ブラシ」も必須でないところ(とはいえ一応使います)。困ったところは、十代の頃から年々増え続けている白髪です。

普段のヘアケア

  1. [入浴前] ブラッシング
  2. [入浴中] 石鹸シャンプー
  3. [入浴中] クエン酸リンス
  4. [入浴中] タオル地のヘアキャップで濡髪をまとめる
  5. [入浴・掃除後] 髪全体をオイルケア
  6. [入浴・掃除後] ドライヤーで乾かす

ケアをシンプルにする分、食事に気をつけたり、できるだけ早く乾かすようにしています。オイルは大島椿、セサミ(肌用)など色々使ってきて、今はホホバオイル。

そんなにこだわりはなかったのですが、硬い・太めの髪質のせいか椿油はセミロングに1~2滴でも重く感じられベタッ(よく言えばしっとり)となりやすかったのに対し、セサミやホホバはサラッと好みに整えやすいです。

過去二度の湯シャン失敗理由

過去の失敗理由は、髪質のせいで「シャワーのお湯だけでは髪に指が通らなかった」から。洗い上がりの問題以前に、洗えない。色々考えた挙句、今回は「ため洗い」をしています。

三度目の挑戦の方法

たらいにお湯をためて、その中に髪を浸して洗う。或いは、浴槽の中で洗って、シャワーですすぐことにしました。

浴槽の中で洗う方法だと一般的にはマナー違反ですが、うちは私が最後の入浴者であり、私が出るときに湯船の湯を抜いて掃除するので成り立つ方法と考えています。

じっくり洗うため少し時間がかかりますが、手間が減って楽になりました。また今回は無理せず、通常の石けんシャンプー三回に一回くらいを湯シャンにしています。

湯シャン十日目の感想

「洗えた!」というのが嬉しかったです。まずはここから。

季節のおかげかニオイは気になりません。ギシギシも痒みもなし。ただ乾かしている間、ちょっとギトギトする感じですっきりしません。オイルケアのせいかな?と思い、ホホバオイルを使わずにドライヤーをかけたら静電気がひどくなりました。

不満はあれど継続します

二十代前半で石けんシャンプーデビューしたときも、数ヶ月は納得のいかない仕上がりでした。まず最初は泡立ちが悪く、ギシギシして、まとまりがない髪に…そこで挫折する人も多いという先駆者の感想もよく読んでいたため、私はなんとか続けて徐々に軌道に乗りました。今回も今すぐ結果が出ることはないかなと様子を見ることに。

ひとまずなんとか「洗える」ところまではきたので、ある程度試してみてから完全移行を検討しようかなと思っています。

おわりに

わが家には家族もいて、皆シャンプーを使います。仮に私が湯シャンに完全移行できたとしてもシャンプーボトルを手放せることはありません。

でも私自身の洗髪の手間は減り、その分お風呂でのんびりできるし、ここ数日の感覚ではとても楽になりました。これを日常的に続けていけるかはまだ分かりませんが、今までクリアできなかった問題は一つ解決し、一歩前進できたと満足しながら続けてみようと思います。

またレポさせてください。

 

本日の猫。

こたつに入るところ、カメラを寄せたら固まっていました。
(叱られると思っている顔…)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ