シャンプーは、ノンシリコンを選ぶ理由。

こんばんは、ヤマネコです。

ふだんは石けんベースのシャンプーを愛用しています。

ここ十年ほどの間に、シャンプー剤を使わない湯シャンや、サンプル品としていただいた有名シャンプーの使用も経験してきたけれど、今は家族ともども気に入った「スピカココ」という全身シャンプーを愛用中。こちらも石けんベースのものでした。

 

ここにたどりつくまでの年月の中、一時期話題になったのが「ノンシリコンシャンプー」のこと。売れ筋のシャンプーの原材料に高確率で使われていたシリコンが、(素人には理由がよくわからないまま)悪いとされる情報でした。

でも、そうではなかったんだなと。

シリコンが持つコーティング効果の副作用でカラーが入りにくくなったり、それを防ぐための「すすぎ」に手間がかかったりというデメリットはあっても、髪のつやや指どおりのよさ、それによって美しさが保ちやすくなるといった利点もたしかにある。体感もしていました。成分的には刺激性は低く、安全性は高い、そんな特徴もあるのだそう。

それなら誰もが避けるべき薬品ではなく、どんな髪の状態を目指すかによって要不要が分かれる、というだけの話なのだなと。

 

色々調べながらシリコンは悪いものではない、と知った上で、私は今もノンシリコンを選んでいます。

理由は一つで、シャンプーをお風呂掃除にも使いたかったから。

 

といっても、ふだんのお風呂掃除には洗剤をほとんど使いません。残り湯とブラシだけで部分的にこすり洗いしたらシャワーで流し、さいごに軽く拭きとるだけです。

ただ時々しっかり掃除したいとき、わざわざ他の場所から道具を持ちこむよりも、浴室内にある石けんなどで代用するのが楽だなと。過去には固形石けんやボディソープを洗剤の代わりにしてきたけれど、浴室内の小物を減らすにつれて「シャンプーで掃除する」という方法をとるようになりました。

このシャンプーにシリコン(あるいは類似のコーティング剤)が入っていると、洗い流すのがちょっと大変なんです。

 

コーティング剤は当然のように定着力も強く、水で流すだけではなかなか落ちてくれないように感じます。シリコン入りのシャンプーを使ったあとはお風呂の床のぬるつきが気になるのですが、おそらく同じ理由。しっかりこすり落とせばよいのだけれど、すみっことか、凹凸とか、完璧を目指すのが難しい場合もありました。そして洗い残した液剤が蓄積し、最終的には汚れになってしまうことも。

結果、かえってお手入れの負担につながるし、躍起になって掃除すれば時短にならないし、そのぶん水の無駄も増えてしまう。

横着者の私には、それが面倒に感じられてしまって。

それでも髪にあうシャンプーがシリコン入りのものばかりだったら、別途洗剤を買う方法を選ぶかもしれません。幸いそうではなかったので、洗剤の代用に使うためにも「シリコンなし」のシャンプーが理想的だと思うようになりました。

 

本日の猫。

寝起きの悪い猫ですが、雨が降っている日は尚のこと。

声をかけるとしっぽを振って応えてくれるのですが……

大抵、起きませんよね。おはようの時間だけど、おやすみー。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き