道具の足りない蒸し大豆、材料不足のジェノベーゼ。

こんばんは、ヤマネコです。

昨日は掃除に精を出した日だったので、今日はスッキリした調理場でネットレシピ再現の日となりました。

まずつくったのは蒸し大豆。これまで大豆は水煮ばかりだったのですが、自宅でも蒸せば更に美味しい!というのを、いつもレシピでお世話になっている「田舎暮らしおひとりさまの日々」のほずみさんのブログで拝見、そして挑戦しました。

色々思うところあって、最近よくカセットコンロを活用しています。

ただ相変わらず「蒸し器」がないので、いつもどおり普通の鍋にステンレス製のザルをセットして代用しました。

ザルは鍋にジャストサイズ。底の豆が水に浸ってしまいそうなので、シリコン製の落とし蓋(豚)を敷いて若干高さを出しています。後は蒸し布をセットして、一晩浸けた大豆を投入。レシピどおりに一時間蒸しました。

ホックホクですごく美味しかったです!

私にしては大量(乾燥状態で300gの大豆)につくったので、小分けして冷凍&冷蔵しました。せっかくの蒸し豆なので五目煮にも使います。

 

大豆を蒸している間に、バジルソース(ジェノベーゼ)も作りました。バジルソースと言えば松の実が必要だと思い込んでいたのですが、先日ブログ「ミニマルライフと暮らしごと」のゆくりさんがこんなことを書かれていました。

ジェノベーゼは松の実で作るのが一般ですが、木の実なら大抵できます。松の実は常備してないのでわが家ではくるみで作ることが多いです。
引用元:ミニマルライフと暮らしごとより

私はいつも松の実を買っていたので、目から鱗でした。たしかに松の実が他のナッツに代わったところで(私の舌では)気になりません。わが家でも製パン用にくるみをストックしているので、それをと思ったのですが、今回はもっとお手軽な材料を取り入れてみることに。

アーモンドプードルを軽くローストして使用。他にはバジル、ハーブ塩、パルメザンチーズ、ニンニク、オリーブオイル、といつもの材料を投入しました。

バジルは乾燥保存しておいたものなので色があまりよくないのですが、自宅用なので許容範囲。パスタに和えたり、肉や魚に塗って焼いたり、一週間程度でなくなる量をいつものグラスで作りおき。

実際には2~3日で消費してしまうことが多いので、保存瓶の煮沸もショートカットです。

 

どんな料理をつくるにしても調理の仕方は一つではないし、それを試してみるのはいつも楽しいです。一方で道具や材料を増やしたくない気持ちもあるので、「代用できるものがないか」はその都度考えながら。

私が苦手な料理をそれでも「楽しい」と思うのは、そういう「工夫を楽しめるから」なのだと思っています。

 

本日の猫。

リビング掃除の最中、猫たちをベランダにしめ出しました。

掃除が終わってからは動物園感覚でつい観察してしまいます…。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ