そろそろ、年の瀬の意識。

こんばんは、ヤマネコです。

2020年最後の月曜日です。

と、そんなに身構えなくても七日過ぎれば再び月曜日は訪れるし、今年か来年かの違いなんて、実際のところさほど大きなものではないとも思うのです。

ただなんとなくずるずると先送りにしていたことなどは、「年内に」というのを合言葉にすると動けてしまうこともあるのが私。それはものを手放すときにも効果があったので、決断力を高めるためにも無理のない範囲で取り入れることにしています。

  • これまで先送りにしても問題がなかったこと。
  • でも決めてしまえば楽になるのもわかっていること。

慌てなくてもいいことでも、期限というひと押しがあれば動ける。それならやってしまおうかと思えることを優先的に、一つずつこなしていくようにしています。

ちょうど先週から「年内最後のごみの日(各種)」の連続なので、今年も思い切って処分したものがちょこちょことありました。

 

その一方で、まだあと三日残っているのだから本音ではこれを最後にしたくないなと思うこともあります。今日は薄手の寝具を洗ったのだけれど、これはできれば毎日、そうでなくてもこまめに、と意識する中で続けている家事の一つ。

ただ寝具はかさばるぶん洗濯機で一度に洗える量が限られるし、干せる場所にも限界があります。家族全員分ともなればその問題も二倍、三倍になる。天候によっては室内外問わず乾きにくい日もあるので、結局週に一度か二度のチャンスがあれば幸運という感覚。

しわが気にならないものに関しては干す方法にも工夫をしていますが、冬は猫まわりのファブリック類も増えるため、やはり兼ね合いを考えながらの洗濯が必要になっています。

だからこの寝具(私のガーゼケット)の洗濯も、年内最後になりそうだなと。

覚悟といったら大げさですが、この時期は年内にやってしまいたいこと、年内にできること、その区分けが必要になってくるタイミング。12月末ともなれば期限を意識しないことのほうが難しいとも思うので、せめてやりたいことや終わらせたいことを積極的に重ねていこうと思います。

 

本日の猫と、ガーゼケット。

そんなわけで本日のバスルームでは私のガーゼケットを干していました。ハンガー二つを使って、たるませながらつるすだけ。しわが気になるものではないし、竿にかけるよりは省スペースになって大満足。

だったのですが……

ハンモックに慣れている弟猫がすかさず飛びこんでいきました。洗濯物の写真を撮ろうと油断していた私が悪いのですが、全速力ですり抜けていった小さな影にびっくりしてしまいました。

私の寝具だから毛だらけになるのは構わないのだけれど、彼がけがをしなかったことには、大いにホッとしています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き