値上げで、助かりました。

こんばんは、ヤマネコです。

身近なもの、愛用品、消耗品、あらゆるものが値上がりしています。

買うのをやめたり、安いものへと切り替えたり、様々な対策を考えながらバランスをとっているのですが、いくつかの品は値上がりして良かったと考えるようになりました。

 

その一つが、長年愛用している猫用のトイレ砂。株式会社ペグテックのトフカスというシリーズなのですが、一年半ほど前から値上がりの仕方が気になるようになりました。

一袋7Lの中空構造ではない砂で、おから素材。日本国産品です。

  • かつては、600円台。
  • 二年ほど前は、800円前後。
  • ここ一年ほどは、1,000円前後。

定価自体が上がっているのか、セール価格になりにくくなったのか、どちらかはわかりません。それでも十年以上愛用しているため、数十円単位でじわじわと上がっているのは実感していましたが、ここ一年ほどの販売価格は一気に大台にのってしまった印象が大きく悩みの種になっていました。

とはいえトイレ用品に限らず、物価高。仕方がないものと受け入れる一方で、代替品もさがしていたんです。

 

そうしていくつか候補にあげたものを一年以上かけて試した結果、トフカスを使い続けることに決めました。

トフカスの場合は値上がりで良かったと思えるようになったから。

 

トイレの砂というのは、どうしても必要なもの。その時々で使用量は変わりますが、同居猫数が変わらない限り、極端に節約する(減らす)ということはできません。

最近ではリニューアルという名目であらゆる商品の内容量が減る傾向にありますが、トイレの砂の必要量は変えられないもの。お値段据え置きでちょっと減らされてしまえば不便や不満しかないだろうなと。

 

また品質に関しては、現状トフカスに代わるものが見つかりません。使用感もそれにあたりますが、人間も猫も砂埃を吸いこむ可能性があるので、砂が国産品であることは念のため重視するようになりました。

  • 固まり具合、砕けにくさ。その持続性。
  • 日本国産品であること。

逆にいえば、価格を据え置きにするために品質が下がるようならわが家ではトフカスを選ぶ理由がなくなってしまいます。

 

じつのところ色々と試しているうちに、ちょっとお安くて品質がイマイチな砂へのストレスが積み重なってしまったんです。

そう考えていくとシンプルな値上げに踏み切っていただけたこと、以前と同じ満足感を得られる砂を提供していただけることが一番ありがたい解決策だったのだと思えるようになりました。

もちろん、値上がりなしが理想的。でも一般家庭が苦しいのと同じく、企業もきっと苦渋の選択をされているのだろうと思う中で、量と品質を優先していただけるのがベストな品もあるのだと実感しています。

 

 

本日の猫と、最近の抱きぐるみ。

昨日も書いていた、お仏壇に供えていたおもちゃはこちら。

キャットニップが入っているのもあって、大変なお気に入り。

ぎゅっと抱えて眠っている子も、それを見ている私も、なんだかダブルで幸せな気持ちになっている気がします。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き