今年は夏にも、手袋を。

こんばんは、ヤマネコです。

立夏すぎに手袋を買っていました。

主に、夏の間に使いたくて選んだものです。

 

購入したのはこちら。

いわゆるノンブランド品(?)で生地の配合率などが正確にはわからないのですが、手の甲や指にあたる部分は綿のような感触です。その指の腹にはすべり止めの加工が。

人差し指(右手のみ)の先端だけはスマホ対応になっていて、実際にスクロールなどの簡単な操作であれば可能です。ただ私の指が短く、ほんの少し手袋が大きめなためか、文字入力などの細かい作業はやや難しく感じられました。

色はベージュで、表地の柄は細かい白ドットです。

と見せかけて、実はちょっと猫仕様なんです。

私にはかわいすぎるかなあと思いつつ、猫好きのさがで陥落。装着すると手首の位置で、この部分だけならUVカットパーカーなど長袖を着ていればほどよく隠れるし、独りで楽しんでもいいかなと。出先で一度だけ出会った女の子がこの猫に気づいてくれて「かわいい」と言ってもらえたこともあり、もうそれだけで満足でした。

 

夏に手袋を、と思ったのは物理的な「日焼け防止」が理由でした。

これまでにも日傘やアームカバーなどは活用していたけれど、無防備な指だけが赤くなっていることも時々あったんです。昨年まではアームカバーを指先までずらして使うなどでがんばっていたけれど、そこそこ出番があるなら夏用の手袋も用意することに。

そう思ったのは昨年以前なのですが、今年は別の目的でも注目されているようです。

それは感染症対策などの一環で、出先でドアノブやつり革、手すりやエレベーターなどのボタンを「素手でさわるのを防ぐ」という用途。

当初、その目的なら使い捨てのほうがいいのかな? と思ったのですが、TPOによる見た目の問題や経済的な理由から布手袋を選ぶ方も多いのかなと想像できます。それにマスク不足が一番大変だった時期には使い捨て手袋も手に入りにくくなっていたので、通勤通学などで公共交通機関を利用するときだけ身につける、といった限定的な用途で「冬用ではない布手袋」の需要が高まったのかもしれません。

いずれにしても便利な用途が増えることや、認知度が高まって自分が浮かないことなど、私にとってはメリットの多い流れでした。

 

ただ暑がりな私が夏に手袋をつけて動けるだろうか? と心配もしていたんです。とはいえ、ずっと装着しっぱなしというわけではないし、今のところは便利に使っています。

あとは指によって違うのですが、あちらこちらにメッシュ生地(黒ドットに見える部分)が組みこまれていて、これでもか! というくらい通気性も確保。

「出先では素手を使うのを控えたい」という目的だけなら手の甲側は総レースなどのもっと涼し気なものでもよかったけれど、日焼け防止効果まで狙うとしっかりした生地が必要になるのもうなずけるので、十分すぎるほど工夫されているのだと感じています。

私の場合は外出自体が毎日というわけではないため、使ったらその日のうちに洗濯。ネットに入れて洗濯機を利用していますが、現状ひどい劣化はありません。

 

在宅時間が長く、そのぶん猫とのふれあいも多く、その最中に日焼け止めの薬剤が彼らの口に入ってしまうことを心配し、薬剤や化粧品を使うのが苦手です。だからこその手袋。

今回は購入してから別の用途が増えて価値が上がったように思えたけれど、一番の目的はずっと放置しがちだった指先の保護。その目的と涼しさと、バランスをとりながら手袋の活用を続けていこうと思います。

 

本日の猫。

たまにはこんな顔で考えこむこともある弟猫。

いえ、きっといつも、もっと色んなことを考えてるんだろうなあとは思うんです。私がわかってあげられないだけ。その能力が足りないことが、常々本当に申し訳ない……。

今日の主題は銀河の壁が見つかったことについてかもしれないし、関東梅雨明けの日取りを予知しているのかもしれないし、今夜のごはんについてかもしれません。ちなみに今夜もおなかいっぱい食べました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き