ダンボールで、ニャンルーム。

こんばんは、ヤマネコです。

少し前にAmazonで購入したものが、かなり大きいダンボールに入って届きました。

季節的に湿気や虫も気になるのでそのまま処分するか迷ったのですが、短期間でも猫の遊び場になればいいなと、再利用することに。

そしてつくったのが、ニャマゾンハウス。

出入り口を切り抜く方法で意気揚々と「N」をしつらえただけなのですが、撮影終了後に「Y」が足りないことに気づいて愕然としております。

 

そんなわけで「ナマゾンハウス」になってしまったものの、猫たちはお構いなし。

小さめの出入口は、この数ヶ月でダイエットが順調な彼にもなんとか使ってもらえました。

 

悩んだのは屋根。

箱型に閉じてしまうと誰かが乗るのは必然。

勢いよく屋根を押しつぶされれば設置初日に大破する可能性も高まるため、フラップ部分は内側に折りこむだけにしました。

これで多少は壁の補強にもなるはず。

 

手持ちのダンボール製爪とぎは、サイズがぴったり。

爪とぎは家じゅう(ナマゾンハウスの中)どこでもできるけれど、やはりこういう形状のもののほうが使いやすいみたいです。

あとは外側から遊びに誘ったり、

ポインタータイプのおもちゃを使ったり。

走り回れる広い床も気に入ってもらえていると思うけれど、せまい空間ならではの楽しみ方もきっとある。

わが家にはいつでもどこでも「楽しいこと」を発見できる名人(名猫)もいますから。

彼らにすべておまかせします。

 

猫用品を中心に通販利用が多いので、ダンボールを手に入れる機会も絶えずあります。でも、ここまで大きい箱が届くのは年に数回程度。

小さなダンボールにもわざわざ詰まりに(?)行ったり、完全に歪んだ箱の中でぐっすりお休みになったり堪能しているように見えますが、やはり大きいのもうれしそう。興奮の度合いが違うような。

Amazonのダンボールは梱包時点では(おそらく)新品。長距離を移動してきたものなのでピカピカではないものの、届いたときも比較的きれいに見えます。すぐに捨てるのももったいないし、こういう形で遊ばせてあげられるなら積極的に再利用していきたいなと。

そうはいってもダンボール。たぶん今月いっぱいはもちません。早ければ、数日の命。

それでも彼らが使ってくれるなら、設置する価値があると感じています。

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ