無印良品*秋の制服化で、シャツワンピを着たい。

こんばんは、ヤマネコです。

つい先日、気が早いと言いながら「夏の制服化」について書いたのですが、実は既に「秋冬服」も買いました。

買ったのはフレンチリネンのワンピース。どちらかと言えば、春から夏にかけて今まさにオンシーズンの素材ですが、個人的には「季節を問わず愛用したい」と思ったのが昨秋のことです。

ただ秋になると麻製品は軒並み商品棚から消えていき、昨年、新しく買おうと思い立ったときには選択肢があまり残っていませんでした。そこで今季は「夏前の秋(冬)ワンピ選び」を実行することに。

 

更にこの春、私のワンピース選びにはもう一つ希望が加わりました。それが冬も「シャツワンピ」を着たい、ということ。

理由はこれです。

この春から愛用し始めた、万年筆。

これを胸ポケットに挿して生活したい。
そしてサッと使いたい。
ちょっとできる人(?)っぽさを演出したい。

…そんな取るに足らない欲がわき上がってきたのです。でも真夏のシャツワンピは暑がりの私だと少し厳しそうなので、秋に想いを託しました。

 

そして今回も無印良品のお世話になります。

現行品のシャツワンピにもいくつか種類があったのですが、既に持っているウィンドペンのワンピースを基準に、形状やサイズ感が近いものを探しました。

全体的な丈、身幅はほぼ同じ。

同じ型紙かなと思うくらい、襟の形も似ています。

 

そんなわけで着画です。

こうして着てみて初めて気づいた違いは、裾のスリット。(本来は)夏らしさなのかな?と思うような、若干深めのデザインになっていました。

ただ私が着ようと見越しているのは秋冬なので、それこそタイツなどを着用し、素肌の見え方は控えめになるはず。そう考えれば気になりません。

待望の胸ポケットはウィンドペンワンピースと比べると少しだけ小さめの印象ですが、万年筆が入るので、こちらもまったく問題なし。

ただし白のリネン、予想どおり透けました。

このときはインナーをはさんで着ており、その色柄まで丸見えになることはなかったけれど、下着の色選びを見直さない限り今後も重ね着は必須となりそう。

だからこそ着込むことが前提の秋冬は、私にとって「薄い色解禁」の季節。白シャツワンピを選んでも後悔はなく、上着やストールで濃いめのあったかい色を挿せたらいいかなと思っています。

 

そしてこれを二着(とうとう同じ色で)買うつもりだったのですが…いったん保留にしています。というのも、今回比較用に写っているウィンドペンワンピースを二着目にしたいから。

これは3月から、現在進行形で愛用しているものです。

春用にしているシャツワンピ。

近々夏ワンピに切り替え予定ですが、現状まだまだ劣化を感じないし、可能であれば夏の間は休ませておき、秋に復活させようかなと。

気持ち的には秋から冬(年明け)までこの二着でいけたらと思うけれど、それは様子を見つつ決めていきます。

少し行き当たりばったりなところもありますが、私なりの制服化計画の目途が半年先まで立ちました。

 

持たない暮らしを考え始め、ワードローブがだいぶ縮小した今になって「洋服の買い置き」なんてすることになるとは思いもしなかったのですが、今のうちに買っておきたい理由がたしかにあるのです。

代わりに、秋のメイン服に迷う時間、私はそれを早々に手放すことができました。

 

本日の猫。

午前中は窓を開け放して空気の入れ替えができました。

寒さも花粉も少しずつ落ち着いてきて、すっかりお昼寝日和です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告