無印良品*初夏に買った、冬用セーター。

こんばんは、ヤマネコです。

梅雨明け間近だというのに、今冬に向けて無印良品でセーターを買いました。

こちらの商品を二着、迷った末に色違いで選びました。

 

昨冬用のセーターは、ほしいと思ったときは奇跡的に理想のものを見つけることができたのですが、追加を考え始めたときには在庫なし。そのとき手に入れたものも一冬で着倒し、そのころには来冬のセーターは手に入るだろうか、と不安に思い始めていました。

というのも冬の間さがし続けていたにもかかわらず、私の希望どおりのものがなかなか見つからなかったから。

  • 素材はコットン(できれば植物性素材)。
  • ゆったりめのローゲージ(ワンピースの上に着たい)。
  • 首回りは窮屈でない程度のラウンドネック。
  • 着丈はやや長め(ヒップにかかるくらい)。
  • 色は明るめ(パーソナルカラー※スプリングを意識して)。
  • ワンシーズンで手放す可能性も高いので、一着5,000円以下。

ちなみに、あまりに私のワードローブの「無印率」が高いので、まずは別の方向からさがしたいなと。それでもそんなにめずらしい条件ではないつもりでしたが、驚くほど見つからない。

インナー向きのハイゲージニットならコットン素材も多く見かけたのに対し、ざっくりデザインはアクリルやウール素材が多いように感じました。「希望素材」さえあきらめれば選択肢はぐっと増える。でも猫たちとの接触を考えると冬場に化繊のニットは避けたいなと。

 

やはり頼みの綱は、いつもお世話になっている無印良品。改めてお店を覗くとオーガニックコットンのニットもたくさんありました。でもさわってみると薄手だなとか、カラー展開が理想と違うなとか、首が詰まりすぎてるなとか、今度は選択肢が増えたからこそのわがまま三昧でごめんなさい。

このぶんなら初冬にさがし始めてもいいかなと思えたのですが、たまたまアウトレットで見つけたリンクス編みのセーターが気になって、一着取り寄せてみることに(最寄りの店頭にはなかったので)。

届いてから実物を確認、試着、もちろん着用予定のワンピースともあわせてみて、これならと思い追加注文したものが少し前に届き、色違いでそろえることができました。

 

私は編み物に詳しくないのでちょっと自信もないのですが、リンクス編みが気になった一番の理由は、もともと持っていたセーターに近い編み方だと感じたからです。

糸の太さが違うのですが、並べてみても同じ系統なのかなと。旧セーターは前述の希望条件を満たしていたし、何より「対猫の爪」に強かったため、最初から似たものをさがしていました。

  • 素材はオーガニックコットン。
  • リンクス編みの、ゆったりめのローゲージ。
  • しまりすぎないクルーネック。
  • 着丈はSサイズで61cm。
  • 色はそれぞれ、ベージュとライトグレー。
  • 一着4,990円が、セールで1,900円。

編み方については見る人が見たら別物かもしれませんが、あくまで気になるきっかけだったので、結果的に満足しています。

 

ところで私がセーターをワンシーズンで劣化させてしまう理由は、もともとの品質やお手入れ方法の問題とは別にあります。

こちらが昨冬ハイペースに着用していたセーター。着ている私自身、捨てなければいけないほどの劣化はないと思っていたのですが……

あっちこっちから糸が出ておりまして。

毛玉はほとんどできないセーターだったのに、糸はひっぱり出され放題でした。

これはもう仕方がないというか、私の暮らしでは当たり前。

しかも厚手のセーターを着ることで「猫の爪が肌まで届かない」というメリットもありました。服は犠牲になってしまうけれど、肌は守られるということ。その目的は厚みのあるニットでないと叶わないので、そこも意識しながらのセーター選びとなりました。

 

実は、これでようやく旧セーターを手放す決心がつきました。

昨冬はとくに新入り猫が「人間に飛び乗る」という技を覚えたてで、セーターがなければ私の背中はもっとボロボロだったはず。そう思うと、次の候補が決まらないまま手放すことが怖かったんです。

わが家では「上半身を守る装備」という特殊な用途でも活躍するセーター。思いのほかよいものがお手頃価格で手に入り、とても安心しています。

 

本日の猫。

ブログにのせるための写真撮影を始めたところ。

ちょっと待っててね、と声をかける間もなく当たり前のように座りこみました。嘘でしょ。

でもそのくらいの感触のよさ、ということなんですよね。そこは保証します、彼が。

私も一着目が届いたときに、これはいい! と思ったもの。
本文でふれていませんが、肌ざわりも最高なんです。

冬はこれを着て、ためらいなく猫たちを抱っこさせてもらいます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ