無印良品*80円の隙間掃除シリーズ、ヘラの活躍。

こんばんは、ヤマネコです。

昨日まで良品週間でしたが、それを待つことなく掃除用品を買っていました。

100円ショップよりもお安く買える無印良品アイテム、隙間掃除シリーズの「ヘラ」です。

 

このシリーズ、本当に「すき間のお手入れ」に特化したサイズでどれも気になりました。一瞬、お安いからまとめてそろえてしまおうか、とも思ったけれど、よく考えた上でヘラだけを買うことに。

こういうヘラを以前さがしたことがあったからです。

当時の用途は、水回り(主に浴槽周辺)で固まってしまった「カルキ(水滴)の跡」をこそげ落とすこと。

幸いにも湯上りに水滴を拭く習慣がついたので、今は当時ほどそういう悩みはありません。でも見えにくい場所や、ふだんは手が届かないような場所を開けるときには活躍してくれるはず。

実際につい先日、お風呂のエプロン掃除をしたときの活躍具合は、それだけで80円の元は十分すぎるほどとれた、と思うほどでした。

 

硬質とはいえ、プラスチック(ポリカーボネート)。使い方によってはすぐに先端が削れてしまうかと心配していましたが、一ヶ月以上ちょこちょこと使う程度であれば、現状その劣化もほとんど感じずにすんでいます。

以前、同じ用途で購入検討していた類似のヘラは金属製が多く、掃除する場所を傷つけてしまうことが心配でした。別の素材でちょうどよさそうなものを見つけたときは、一本1,000円くらいのお値段に悩んで、結局買いませんでした。

金属製ならバターナイフ、他にも木製の割り箸、アクリル定規、小さく切ったPET下敷など。代用品も色々試してきて、その時々で満足もしていたけれど、この無印良品のヘラは抜群でした。

 

水回り掃除では文句なしの定番アイテムに入りましたが、私にとっては意外な活躍だったのが「シールはがし」の用途。

それも広範囲のものではなくて、昨日ブログに書いた小瓶からラベルシールをはがすとき、大いに活躍してくれました。

瓶のサイズがわかりにくい写真ばかりでしたが、長さは4cm、太さは親指ほど。本当に小さな瓶なんです。ここに貼られていたラベルをはがすのに四苦八苦していたのですが、そんなときにこのヘラを使ったところ難易度がぐっと下がりました。

こういうちょっとした出番も含め、使うたびに「買ってよかった」と確信できるアイテムになっています。

  • 暮らしの中では出番の多い「細さ」。
  • 歯ブラシくらいの持ちやすい「長さ」。
  • 硬度はありながら傷をつけにくい「素材」。
  • 凹凸も最小限の、シンプルな「色・デザイン」。
  • 80円という「価格」。
  • お値段からも十分満足できる「耐久性」。

だからこそ多用途に使えるため、一家に一本あってもおかしくない、と思うくらい気に入りました。しかも思いのほか長く使えそうなので、これまでの「できる範囲での掃除」の枠が、また少し広がりそうです。

 

※現時点で在庫があるのはLOHACOのみのようです。

 

本日の猫と、エア入浴。

大絶賛のヘラですが、同シリーズのブラシなどは今のところ購入予定なし。

だって先端に「毛」や「スポンジ」がついているものなんて、きっと……

たぶん、ぜったい……

このちびっこに、持っていかれてしまうからです。

これは「ただの棒だった」と(?)見逃してもらえたようで、一件落着でした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ