無印良品*さらり、麻のルームシューズ。

NO IMAGE

こんばんは、ヤマネコです。

今月の良品週間ではぜひともほしいものがいくつかありました。

その一つが、麻のルームシューズです。

実は先月の良品週間のときから気になっていて、でも当時履いていたものが「まだイケる!」と思える状態だったので買い替えは控えていました。

そんなまだイケそうだったのが、グンゼのルームシューズ。

あえてのピンボケでごめんなさい。

昨年末に似たようなルームシューズを買って愛用し始めたのですが、それがとても快適でした。ただ毎日履いて週一で洗濯、という使い方を続けていると、履きつぶすペースはおよそ二ヶ月間隔。

そしてこのグンゼも二ヶ月目。ちょっと早いように思いつつも底(内側)が擦り切れ始めたので替え時かなと。毎回「使い切った」と思える状態になるまでよくつきあってもらえるので、不満はありません。

そんなわけで、満を持して無印良品で新調することにしたのですが、先月は定価だったのに、今はセールで500円近く安くなっていました。待ってよかったのかも。

 

サイズの選択肢は「S~XL」までで、男女兼用のようです。私はSサイズ(22~23.5cm)にしました。靴下でも窮屈さはありませんが、底面も麻素材だったので素足でお試し。

さすが麻。

さらっとした生地がとても気持ちよく、チクチクもしません。

足全体を覆うので真夏は暑いかもしれませんが、本当に暑くなったら今年も布草履を履く予定((職人をしている友人がつくったものを履かせてもらう予定です。))なので、こちらは5~6月に活用できたら十分かなと。もし7月に入っても使えそうな状態なら、秋までしまっておくつもりです。

 

またちょっと期待していたのが、バブーシュ的な履き方。

かかとを踏んで、どうだろう?

かかとの生地がやわらかいし、踏んでもとくに違和感はありません。履き心地という意味では悪くないので、こういう使い方もできそうです。

ただ私がバブーシュに慣れていないので、かかとを踏んでいると不良(??)気分になるのですが…それは小心者ゆえでしょうか。

一応、ちゃんと履こうかなと。

シューズ型なので、スリッパのようにそのままスッと履けないのはデメリット。その分脱げにくいのがメリット。

左は六年目のゲスト用。買い替えを検討中です。

ほとんど同じサイズのスリッパでも、歩いているうちにスポーンと抜けてしまったりするので(これも私の行動に問題がありそうですが)、このフィット感にとても安心できました。

とくに階段移動があると、スリッパよりルームシューズが楽だなと思ってしまいます。

ただ猫を踏んでしまいそうなので、階段では脱ぐかもしれません。主にキッチンでの使用を中心に考えています。

 

それから、こういう形状に「左右」の区別はないものだと思っていましたが、どうやらありそう。

ネットストアの商品写真には載っていなかったけれど、おそらくこのタグが内側にくるようにそろえて履くものだと思いました。

でもパッと見てわかりにくいかもしれないため、しばらく使ってみて気になるようなら何か対策をしようかなと。一手間で個性が出せそうなシンプルデザインでした。

個人的にちょっとだけ残念なのが、足裏の素材。

床に傷をつけにくそうな柔らかい生地はとてもよいのですが、その生地が起毛していて猫の毛がつきやすいのです。たぶん埃や髪の毛も。

でもそれを逆手に考えれば、靴裏で猫の毛を集め、一日一回それをお手入れするという習慣をつけることで床掃除が楽になる…かもしれない。そこにもちょこっと期待しつつ、布草履と交替するまでの二ヶ月間こちらを履いてみます。

 

ちなみに洗濯ネットに入れて、丸洗いOK。これもチェック項目でした。

少しでも長持ちするよう、でも最後まで使い切れるよう、本格的な夏を感じるまでは活用させていこうと思います。

 

本日の猫。

ふと見たら猫が寒そうだったので、ショールをかけてみました。

暑がりの私と、寒がりの猫。
もう少し気をつけてあげないと…室温管理、難しい。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、応援ポイントが入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ