無印良品*冬後半のおともに、綿混リブタイツ。

こんばんは、ヤマネコです。

このブログでは何度か書いているのですが、私はボトムス全般が苦手です。とにかくおなかをしめつける、そこに「ゴムがある」という状態に違和感を覚えてしまうんです。

後日、同商品を新調したのを機に写真を追加しました。

そんな私ですが、昨秋の無印良品週間でタイツを一点購入していました。

それが、綿混リブタイツ。

写真にあるとおり、商品価格は50%オフのセール品になっていて、更に良品週間で10%オフ(700円弱)で購入できました。だからお試しにいいかなと買ってみたんです。

というのも、このタイツ…

綿混素材を使用し、ウエストのゴムをなくし締め付け感の少ない直角リブタイツをつくりました。
商品パッケージ/公式サイトより

「ウエストのゴムをなくし」と書かれていて、とても惹かれたから。

 

ゴムのない、しめつけのないタイツ、なんて最初はうまくイメージできなかったのですが、開いてみたらたしかにゴムがありません。

でも商品だけを見るとウエスト部分の生地はゆるゆるで、さすがにズレ落ちゼロとはいかないのでは?

…と疑いつつも二ヶ月弱。週二回ペースで使用していましたが、まったく違和感なく、ズレを気にすることも皆無のまま愛用できています。

 

こんな表現だと怒られてしまうかもしれませんが…このタイツは、生地全体が「薄手の腹巻」のような伸縮性を持っていて、絶妙な具合に脚や関節にフィットするんです。

ウエストの部分だけ補強するようにリブが細かくなっているため、おなかを一切しめつけることなくズレ防止が実現されていました。

もう、不思議としか言いようがない。心地よすぎてびっくりのタイツ。

 

ただ前述どおりセール価格で買ったもの。前回の購入から二ヶ月以上経ってしまっているし、もう買えないかなと思ったのですが、まだカラーによっては在庫がある様子。

しかも、今も半額。

レビューを拝読する限り、毎年後継品が出ているようなので、シーズンごとにリピートすることも可能なようでした。私は今季分も追加したかったので、つい先ほどブラックを注文したところです。

生地には化繊も含まれていますが65%がオーガニックコットンで、ふかふかであったかくもあり、この季節には快適でした。

 

ただし、こういう生地における最大のジレンマ…猫の毛がつきやすい素材でもありました。他の方が心地よく感じる生地を私がなかなか選べないのは、大抵「猫との相性」が理由だったりするのです。

今回に限っては、外出時メインの用途として購入。とくに寒い日の外出にはぴったりで、冬の後半も心地よくすごせるのではと思っています。

 

ちなみに靴下はもう一種類、買っていました。

こちらは三足組のショートソックス。

同じ色柄(真っ黒)、三足です。

これは靴下単体で使う(使っていた)わけではなくて…

タイツの上から、重ねばきするのに使っていました。

こうして重ねているのも、猫の毛が理由。タイツのみで歩いていると落ちている猫の毛を踏んでは運んでしまうので、その「カバー(タイツの汚れ防止)」の感覚で。

結果的に防寒にもなってはいますが、私はこの黒い靴下を外出前(靴をはく直前)に脱ぐため、あくまで猫の毛防止のアイテムとして活用。

スリッパ(ルームブーツ)も使ってはいるけれど、そのスリッパの中に猫の毛が潜んでいるサプライズもある、不思議ハウス。そんな家での暮らしでは靴下を重ねておくと、とっさのときにパッと脱げて安心なのでした。

 

次回は3月?少し早めに考えておきたいテーマ。

 

靴下が届いたときの猫。

新品だからいいのですが…

くんかくんか…そういうチェックをされると、いつも臭い靴下をはいている疑惑が持ち上がりそうなのでやめていただきたい。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pocket

yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。