無印良品*収納ケースに、別売りのふたを追加。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年無印良品の丸形ケースを買ったのですが、別売りになっていた蓋を追加購入しました。

買ったのは7月末です。秋まで待てば無印良品週間があるかな? とは思ったけれど、ちょうど出向いたショッピングモールで立ち寄れたので、ほしかった蓋だけを。

 

昨秋手に入れたケースは、猫たちのベッドとして今も活用されています。

写真はだいぶ前のものなのですが。数年計画のダイエットをがんばってもらっているので、今の彼はもう少し細身のモテ猫体型(?)になっています。

このケース、体重5kg前後の猫が丸くなって納まるのにサイズ的にもちょうどよく、色も主張しない白で、デザインもシンプル。とても気に入って、その後も二つほど買い足しました。

常にベッドとして使っているので蓋の必要はなく、別売りになっていたのも都合よく感じていました。

ただ少し考え方が変わり、一枚だけ持っておくことに。

手に入れた蓋はケース本体と同じ色ではなく、やや透け感のあるクリアホワイト。ふちには凹凸があるので横にずれたりはせず、しっかりフィット。でもロックがかかるわけではないなので着脱は簡単でした。

 

ベッドとしての用途なら蓋の出番はないのですが、使っているうちに複数持つケースの一つに猫用グッズを入れたいと思ったんです。

  • ブラシ
  • トイレットペーパー(ティッシュ)
  • おもちゃ

(残念ながら、おやつは置けない)

など細々したものをまとめておき、その上にベッドを置けないかなと。

こうしておけば、ラグ(カーペットタイル)の上でいっしょにぐうたらしている最中、思い立ったタイミングでブラッシングしてあげることもできるから。

以前も同じような理由で階段の途中にかごを置いたのですが、猫たちのリラックススペースで人間が座りこむと物理的に(猫の抱っこリクエストにより)動けなくなるので、道具の管理を「手が届く場所」でする工夫はとても有用なんです。

 

ただ購入前にどうしても心配だったのは、蓋の耐荷重。

重ねたケースの上段に猫がのっても大丈夫かな、とドキドキしながら試したのですが、5kgくらいまでの猫であれば問題なさそうでした(写真の彼は4kg弱)。

ただし耐荷重については公式サイトにも商品にも明記がありません。猫用ベッドとしての使用は自己責任。

うちの猫たちが使うのに二段までは許容範囲かなと個人的に判断していますが、更に三段、四段と重ね、最上段に猫がのれるほどの強度があるか、素人目では自信が持てません。また体重が気になる子や、複数の猫がいっしょに納まりたがる場合は、重ねないほうが安全だと思います。

(完全に軽いものの「収納」として使う場合は、数段重ねることも問題なさそうです)

 

それから、もう一つ気をつけておきたいのがこれ。

「重ねる」と書いていますが、正確には「のせる」だけ。蓋のつくりがシンプル(表面に凹凸なし)なぶん、ちょっとした衝撃で簡単に横移動してしまうんです。このときはすごく絶妙なバランスでのっていましたが、もちろんこのままにはしておけません。

猫たちが入る「ベッド」として使う場合は、蓋と上段ケースとの間にすべり止めの対策をしておいたほうがいいかなと。今は100円ショップで購入したゴムマットをはさんで使い始めました。

 

そんなわけで蓋が一つ増えました。

この先、ベッドとして「必要な数」が減ってしまうことはあるかもしれません。そのときにまた見直すかもしれないけれどけれど、今のところ蓋は一つで十分かなと。

彼らが気持ちよく使ってくれて、ついでに収納としても活かせたら便利。

無印良品のやわらかポリエチレンシリーズは、その願いを叶えてくれる組み合わせになりそうです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き