本体処分後、残したお手入れアイテム。

こんばんは、ヤマネコです。

二年前の夏に、シャンプーを新しくしました。

十年以上愛用していたマジックソープから、国内メーカーのスピカココという全身シャンプーへ。スピカココの愛用も二年以上がたちましたが、家族揃って大きな不満なくお世話になっています。

そのタイミングで不要になったのが、マジックソープを希釈するために使っていた泡ボトルでした。

マジックソープの原液を泡立てるためにはスポンジなどが必要でしたが、その代わりにしていたのがプッシュすると泡で出てくるタイプのポンプボトル。スピカココを使い始めたことでバスルームでは不要になり、しばらく他の用途で活用し、劣化を機に手放しました。

 

シャンプーを見直したことで、その容器や管理方法などの細々としたところも連鎖的に変化。そうして変わった部分も好転したなと実感中。

逆に残したまま様子を見ているものもあり、その一つが無印良品のボトル用ブラシ。

最初の購入が2017年で、買い直した記憶がないため五年目の愛用品です。

もともとは無印良品のボトルを洗うために購入し、便利さを実感していたもの。その後、似たようなデザインの他社製ボトルでも活用し続けていました。

そのボトル類をすべて手放した時点でこのブラシもお役御免となるはずだったのですが、この形状やブラシ部分の素材などをとても気に入っていたため残すことにしたんです。

 

先月半ばから始めていた大掃除中にも出番がちょこちょこ。

2014年から使い続けているペンスタンド(カトラリー収納にしています)はとても便利な一方で奥まで指が届かずお手入れが難しかったのですが、このブラシが大活躍。

細いおかげで狭い場所に入るだけではなく、L字型の先端は「底」をしっかり洗えている感覚があります。ケースのすみっこ(最奥)が鋭角なので行き届かない部分もありそうだけれど、他のブラシやスポンジを使っていたときより圧倒的に楽なお手入れができるようになりました。

そしてそういうものほど乾かすのも手間なのですが……

このときも昨日書いていたミニ扇風機が役立ちました。

 

ボトル用ブラシは先端の感触がわたのようなやわらかさで、プラスチックを傷つけにくそうなのもすごくいい。無印良品のスポンジ類はウレタン素材が多くて経年劣化(変色)するイメージが強いのですが、こちらはポリプロピレン毛で未だに真っ白。

それでも一時期まったく使わなくなったものの、掃除用(少しほこりっぽい小物洗い用)にしたことで再び出番が増えました。まだまだ問題なく使えそうな状態だけれど、劣化したら買い直そうと思っています。

 

 

本日の猫。

今日はちょっと色々あって、ご機嫌斜めだった弟猫。
興奮気味で一日すごし、今はぐっすりおやすみ中です。

目が覚めたら気力体力ともに回復していてくれますように。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き