無印良品*新商品色々と、デンタルフロス。

こんばんは、ヤマネコです。

開催中の良品週間で、いくつかの食品と、珍しく新商品を買いました。

まずはドリンク類。有機ルイボスティーと、アップル&ジンジャーのティーバッグ。良品週間とは関係なく三点以上で15%オフだったので、ルイボスは二袋買いました。

ちょうどわが家のデカフェ系ストックが不足し始めていたところです。でも来月にはルピシアから福袋が届くので、無印良品のお茶シリーズはそれまでの間に堪能するお茶としてぴったりでした。

そしてデカフェのコーヒー豆(粉)も無印で。これも秋の新商品。

 

それから、今回はお菓子も大量に。まずは大袋のラーメン

最近は毎日のように石油ストーブを使っているのですが、その上で沸かしたお湯を「白湯」としていただくだけでは、家族は物足りないようで。これなら小腹を満たすのにちょうどいいかなと。

 

それから大袋のバウムクーヘン

バウムクーヘンは私が好きでちょこちょこ買います。

特大バウムが発売されたことが話題ですが、それを見ていたらまた食べたくなって。でも選んだのはカットされたもの。日持ちもするし、個包装されている便利さをとってしまいました。

 

飲んだり食べたりするものを真っ先にカゴに入れつつも、今回とくに買いたかったものの一つがデンタルフロスでした。

これもこの秋の新商品だと思います。

 

「フロス」と呼ばれる特殊な糸を、歯の間に入れて歯間掃除をするアイテム。

今秋から通っている歯科でぜひにとすすめられ、ドラッグストアで買った(右上のもの)のですが、その直後に無印良品からフロスが新発売されたことを知りました。

とくにこだわりはなかったけれど、「詰替えができる」という情報に強く惹かれました。

こういうところが、さすが無印良品。年内の良品週間は今回が最後かなと思い、詰替え用も同時購入です。

初代のフロス(薬局購入品)はもう残量が少ないので、この良品週間ではぜひとも手に入れておきたいと思っていたのでした。

 

最初なので本体セットを買ったのですが、それもフロスは自分で詰めてから使い始める仕様。

無印良品のケースや芯材は日本製、フロスはイタリア製だそうです。

この個包装されたフロスを、袋から出してみたら…

何やら、糸くずのようなものが。

糸くずはさわるとべたつくというか溶けてしまったので、どうやらこれがワックスのようでした。他社のフロスは購入時からケースにセットされた状態だったので、ワックスの様子など知る由もなく、不思議な感覚でした。でもおもしろかったです。

 

一応、謎が解けたところで、フロスを10cmほど出した出した状態のまま、芯ごとケースの中へ。

内蓋をはめこむ前に、蓋のくぼみに糸を通して…

カチッと押しこむだけ。

セットは簡単でした。

 

フロスの使い方は一般的なものと変わりありません。

30~40cmほど引っ張り出して、内蓋についた金具に引っかけ、カットして使います。

最初はフロスを切ろうとしたら内蓋が外れてしまい困ったのですが、まずはしっかり押しこみなおし、糸を引く角度に気をつければ失敗せずに切れました。

ちなみに歯に引っかけた瞬間に「ペパーミントの香り」というのを思い出して、驚きました。ケースやフロスに鼻を近づけなければ香りがほとんどしなかったからです。

パッケージに明記はあるのですが、これは裏面。

真っ先に目に留まる表面には「ミント」の文字はまったくありません。

私は忘れていただけで、承知の上で買いました。でも気づかずに買ってしまうこともありそうかなと。

ミントが苦手な方もいらっしゃると思うので、お気をつけください。

無印良品の現行品ではこの「ペパーミントの香り・ワックスつき」の一種類しかありませんが、他社製品のフロスは香りやワックスなしの選択肢もありました。

 

歯ブラシ以外のアイテムは面倒なイメージしかありませんでしたが、フロスは思いのほか気持ちがよくて、手放せなくなったアイテムの一つ。

無印良品フリークで、フロスもちょっと気になる方は、一度使ってみていただきたい。
歯のケアに新たな道が開けるかもしれません。

なんて、大げさでしょうか。

こちらのテーマもどうぞ。

 

本日の猫。

最近は毎日、猫と(私の)おやつ写真をインスタグラムにアップしているのですが…

すんなり撮らせてもらえるわけもなく。

心よく協力してもらうために…

アレコレご奉仕しています。

その心構えを忘れずにな!(と、言われている気がする)

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。