無印良品*2年目もつづける、家族間日誌。

無印良品*2年目もつづける、家族間日誌。

こんばんは、ヤマネコです。

今回の良品週間で買ったものの中に、来年の手帳(2018年用マンスリー・ウィークリーノート)もありました。

こちらは二年目の「家族間日誌」に使います。

 

以前は家族とのやり取りで「筆記」が必要な場合、メモ用紙を使っていました。外出予定ですれ違ってしまう日はもちろん、人の名前や連絡先、買い物リストなど、うっかり忘れては困る内容を書き残しておくことで、少し安心できたからです。

そのメモを「スケジュール帳」に変更したのが、今年始めたことの一つでした。

実際に一年弱続ける中で、役立ったことも数多。

自分の手帳ではなく「家族全員が目にする記録」で、言った言わないもなくなるし、色々な情報を共有できる。それが家族間日誌のよいところでした。

 

そんなわけで来年も迷わず継続しようと思い、前回と同じく無印良品のノートを買うことに。と思ったけれど同じデザインのものは見つけられず、違うもの(?)を買いました。

今のところ違うと感じるのは表面的なデザインのみで、サイズや内側の仕様は変わらない製品のようです。

 

サイズは来年もA5。

もう少し大きめでもいいかなと直前まで悩んだのですが、今年も頻繁に不足を感じていたわけではなかったので、サイズ変更はしないことにしました。

厚みもほぼ同じ。

カバーが2017年用はクリア(つるり)だったのに対し、2018年用はマット(さらり)になりました。もともと二種類あったのかどうかは未確認です、ごめんなさい。

私が求めていたのは「キッチンでの使用も気にならないビニールカバー」だったので、いずれにしても問題なく扱えそうだと思えました(そして今年は何度もカバーに救われました)。

 

内側の仕様は、最初にマンスリー。

商品名に「12月始まり」とは書かれていたけれど…

2019年1月まであります。

話が飛びますが、あと二年ちょっとで2020年なんですね。
2000年代生まれの子が成人しちゃう…。

そんな危機感を呼び起こす(?)マンスリーが2017年12月~2019年1月までの十四ヶ月分、そのあとにウィークリーページに入ります。

今手元にある新品ノートは来週分(2017年11月27日)から書きこみができるようになっていました。

わが家ではこのウィークリーページに「家族間日誌」をつけています。基本は左側の日付けが書かれた欄に連絡事項を書き入れ、足りなかったり図解したいときに右側のフリーページ(方眼)を使います。

そのウィークリーが、およそ十三ヶ月分。

それが終わると、見開き方眼のフリーページ。

特殊なページはなく、方眼ページが終わるとダークグレーのあそび紙が入り(前後にあり)、おしまいです。

カバーはちょっとしたものがはさめるような仕様になっています。

 

前年分とじっくり見比べながら、最後に「あっ」と思ったのがこれ。

今年の分にはなくて、ちょっと不便だったもの。

2018年のノートには、スピンがついてるんです。

一本だけなので、メインで使うウィークリーページで使おうと思います。これはすごく嬉しい仕様変更でした。

無印良品には自分で貼って使えるしおりシールも販売されていますが、今年分の家族間日誌には横着して結局取りつけず。

来年分は必ず!と思っていたものの、最初からついていてくれると本当に助かります。

 

無事にノート本体も手に入ったので、これで来年も日誌継続が叶いそう。

実際には毎日書いているわけではなくて…

書かない日があったり、書かない週さえありました。

それでも「記録」として、そして時々読み返す「読み物(?)」として、家族も思いのほかすんなり受け入れてくれているようなので、来年も無理のない範囲で続けようと思います。

 

無印良品の手帳だけでもかなりの種類がありましたが、私がリピートしたの(ほぼ同じもの)はこちら。

こちらのテーマもどうぞ。

 

本日の猫。

悲報です。私が猫に呼びかけ過ぎなのか、最近、無視されることが増えました。

だって何もくれないから(という、まなざし)。

何も………(うっとりゴロゴロ)。簡単なコ。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ