無印良品*秋の制服化にプラス、綿混二重編みコート。

こんばんは、ヤマネコです。

賑わっていた無印良品週間で、季節外れかもしれない買い物をしました。

この季節に着るとしたら私には暑いかな?と思いつつ買ったのが「綿混二重編みコート」です。

真ん中に空気層がある段ボールのような構造の生地を使いました。軽くて伸縮性があり、お手入れも簡単です。

印象としてはトレーナー生地のような。商品説明には「軽くて」と書かれていますが、着丈の長さがあるせいか、もうすっかり夏服で過ごしている私にとってはほんの少し重たく感じられました。

ただ、とてもあったかそう。

私は秋冬に「室内用の羽織りもの」として使うために買いました。

本当ならそういうものは秋になってから買いたいのですが…昨年も、その前も、色々探していたつもりだったのになかなか出会えなかった経験があり、性急ながら買い置くことに決めました。

 

秋冬に羽織る室内着に対する、私の希望は…

  • ワンマイルウェア・或いは完全室内用でもOK
  • 中に多少は着込めるゆとりがある(もともと薄着なタイプ)
  • 着丈はお尻より長め
  • ポケットあり
  • 綿素材
  • 2000~3000円(過去の着る毛布が基準)

中でも難しかったのが「綿素材」であること。

 

私の検索ワードが悪かったのかもしれませんが、ワードに「綿」と入れても、室内用の上着として見つかるのはマイクロファイバーやフリース素材のものばかり。

それが軽くてあったかいことは重々わかっているのですが、たとえ帯電防止加工などがされていても、ほとんどが冬の終わりまではもちませんでした。たび重なる洗濯のせいで機能性が落ちてしまったのだと思います。

静電気が起こって一番困るのは、猫と接するとき。抱っこしていてバチッとくれば、「ひどいことされた」と言わんばかりに猫たちが去っていく…日常的にあれほど悲しいことはなかなかありません。

 

そんなわけで(麻だともっと難易度が上がると思い)綿素材であることを前提に、今年は「半纏」か「バスローブ」を試すことになりそうだな…と考えていたところで、見つけたのがこちらのコートでした。

  • 綿:66%
  • ポリエステル:27%
  • ポリウレタン:7%

商品名(綿混二重編みコート)どおり綿100%ではないのですが、それ以外の条件がこれまで色々見た中では一番理想的だったので試してみることにしました。

「お手入れが簡単」という説明に惹かれたのも本音です。

 

写真で合わせているのは、こちらも早すぎる購入になったリネンのシャツワンピ(以前記事にしたもの)。セットで使う予定なので組み合わせていますが、シンプルなので悪い雰囲気ではないかなと。

コートの色は在庫が「カーキ」だけだったのですが、おそらく三色残っていてもこちらを選んだと思います。とても深い色。中のワンピースは白系ばかりの予定なので、私としては理想的でした。

ドロップショルダー気味の肩ラインもかわいい。

袖口はそんなに細くなっておらず、着方によっては下に着るシャツワンピの袖を覗かせることもできそう。

私のこだわり(?)ポケットもあり。最初に見たときはなさそうに見えたので、嬉しい誤算でした。

 

今の季節では「静電気が発生しないか」が正確にはわからないし、使い込んでみないことには感想も書けませんが、これまでにない感触なので期待しています。

願わくば秋冬まで取り扱いが続き(後継品でも嬉しい)、リピしたくなったときにできればいいなと思います。

 

そして載せるか載せまいか迷った着画を、思い切って。

今着ているネイビーの夏ワンピとあわせてみました。着用感はいいものの(暑いけれど)色合いがミスマッチかなと。

ただ、センスのない私が「イマイチ」と思っているので、実は(逆に?一周まわって?)「アリ」なのでしょうか…と、もう訳がわからなくなってきています。

後日追記:もう少しマシな着画は秋の記事で更新しました。

 

本日の猫。

良品週間中に店舗へも行ったのですが、ネットストア限定品などは別途注文していました。その品物の梱包材を猫たちへ。

最初は恐る恐る乗っていましたが…

気に入ってくれた子もいて、上機嫌で近くにいる猫に愛を注ぎ始めました。…首、しまってませんか?大丈夫かな?

重たすぎるようにも見える愛。

そんな愛を受け入れる子も懐が深い…というか、耐えるのもまた愛。
(逃げればいいのに逃げない)

無印良品から届いた梱包材は、愛憎劇を見せる恐ろしいマットでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ