無印良品*サーキュレーター購入レポと、選んだ理由。

こんばんは、ヤマネコです。

良品週間初日に注文しておいた荷物が届きました。今回のメインは、小型で省エネのサーキュレーターです。

実はちょっと前までこの時季に買うつもりではなかったのですが、急に購入の必要に迫られて(旧扇風機の不具合)、ふと過ぎったのが先日みうさんの記事で見かけたプラスマイナスゼロの製品。

オシャレだし、みうさんとお揃いという付加価値もあって悩んだのですが、ちょっとだけお高いなと。十分すぎる機能もついていたので、もっと低機能でいいから安いものがあればと探していたところ、無印良品でお試し価格になっているのを見つけました。

無印良品のサーキュレーター

検討したのは「通常」タイプと「大風量」タイプの二種類。
(他にもUSBタイプや、色違いがありました)

私がチェックした「違い」は……

  • デザイン(主に脚の形)
  • サイズ(一回りくらいの差)
  • 重さ(2kgと4kgで二倍の差)
  • 消費電力(強で15wと32.5wで二倍の差)
  • 電源コードの長さ(1.6mと1.5mで、通常タイプの方が長め)
  • 価格(3159円と4776円※良品週間+お試し期間限定価格)

もともと「扇風機」は持っているので、今回はそこまでの大風量は求めておらず、これらを比較した上で文句なしに通常タイプを選びました。

みうさん愛用のプラマイゼロの品との大きな違いは……

  • リモコンがないこと
  • 首を振らないこと

「扇風機」として使う場合、この二機能の有無は大きいと思います。

実際に使ってみて

前述どおり、自動で首は振りません(上下左右、一切)。
手作業で向きを固定してから、スイッチを入れます。

そのスイッチ…というか、回して風量を調節するつまみは背面に。

操作部はこれだけ。「多機能じゃない」というのがすごく新鮮です。

そして肝心の風量、申し分ありません。

ここ数年で十年選手の扇風機をいくつか新調し続けているのですが(家族の各私室用など)、その都度省エネの「DCモータータイプ」を選んでいます。たしかに消費電力は小さく電気代もお得だと思うのですが、わが家で購入したDCモーター扇風機の「弱」の風量はいずれもすごく微風。それが気持ちよい半面、結局風量調節で「中」くらいまで上げてしまうことがあります。

今回のサーキュレーターは「弱」でも十分な強めの風量。静か(それでも音はしますが)なのに従来の扇風機並みかなと感じられ、とても満足な使用感でした。

スポンサードリンク

お手入れについて

フードカバーは道具なしでも外せます。

矢印の方向に回すだけ。

思い立ったらすぐできそう。

あとは愛用中のハンディモップ(これも無印良品の品)でササッと。掃除は想像以上に簡単そうです。

気になっていたシールも難なく除去できました。

このサーキュレーターを選んだ本当の理由

こちらを選んだのは求める機能が十分だったためですが、最後の一押しはメインの使用・収納場所でした。

こちらはIKEAのエクスペディート(販売終了※後継「カラックス」という類似製品が発売されています)という家具なのですが、リビングのメイン収納(八枠中三枠が収納)として使っているもの。その一角にサーキュレーターを収めました。

もともと猫(かなり暴れん坊)が居るリビングで、サーキュレーターを床に置いて使うというのはとにかく不安で…でもここなら被害を受けにくいのではと思い立ちました。

時々移動させて使う予定ですが「定位置」はここです。

お試し価格3159円にも大満足

たとえば風量調節が十段階あったとしても、そこまでの微調整は滅多に必要としません。リモコンや首振り機能はあったら便利ですが、今回は必要ないかなと判断しました。シンプルすぎる機能はたしかに少し気がかりでしたが、操作もお手入れも取説のお世話になることなく直感的にできそうで、かえって便利かもしれません。

サーキュレーターはずっと気になる存在だったので、この価格でここまで理想的なものが手に入ったのは良い機会だったと思います。

 

トラコミュ。

 

エクスペディートは背面を壁につけず、部屋の中央辺りに置いてあります。

普通に考えたら邪魔だし部屋を狭める原因でしかないと思いますが、キャットタワー兼ちょこっと収納という考え方でこの配置になりました。

代わりに「猫しか使えないもの」をあまり増やさないようにしています。

できるだけ「猫と人とで共有する」。
ものを増やさず猫と暮らす上で、わが家の小さなルールです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ