防災用バッグは、登山用リュック。

こんばんは、ヤマネコです。

ちょうど二年前の3月に、防災の備えとしてリュックを買いました。

防災用のセットになっているものや、軽くてたためるもの、ふだん使いできるカジュアルなもの、いくつも選択肢にあげて迷ったのですが、最終的に選んだのは登山用リュックでした。

登山といってもすごく本格的なものではなくて、おそらく小旅行やアウトドア感覚で取り入れるタイプ。収納力と機能性重視で、お財布とも相談しつつ選びました。

 

当初の希望としては、

  • 形状はリュック(両手が空くバッグ)。
  • 色は黒以外(要救助時に目立つ・他人との取り違え対策などのため)。
  • 重いもの(飲料水など)が入っていても破けない素材、つくり。
  • 中身の入った状態で数時間背負っていても痛くないデザイン、構造。
  • リュックだけの予算は3,000~5,000円くらい。

などを出していき、ほぼ理想のものを見つけられたと思います。

実はファスナーもYKK製で、開閉もすごくスムーズ。背中と肩のベルト部分にはクッション性があって、できるだけ重いものを入れて背負ってみましたが、十分に安定するし痛くもありません。快適。

唯一、もっと明るい色にすればよかったかなと思うのですが、ふだん使いの可能性を考えるとあまり目立ちたくない想いが勝り、結果的に選んだのがこのマルーン。和名でいえば「栗色」などで、私の感覚ではあずき色っぽいかなとも。地味ながらおいしそうな色だなと思っています。

(ちなみに家族人数分を色違いで揃えました)

 

メイン収納スペースは二つに分かれていました。

衣類と、食品。
新品と、使用ずみ。
柔らかいものと、硬いもの。
濡らしたくないものと、湿っているもの。

などなど、分けて入れることも可能かなと。プラス大きめのポリ袋などを使えば安心感は更に増しそうです。

さがし始めた当時(2017年以前)はスマホを持っておらず、実際に購入した時点でもあまり考えていなかったのですが、全体的に厚みのある生地は電子機器や携帯バッテリーなどを収めておくのにも便利そうでした。

ちょっとしたポケットもいたるところにあるので、さっと出したいものを分別するのにも困りません。

外側のメッシュポケットにはペットボトルがすっぽり。ビーチサンダル(素足での避難に備えて一足入れています)などもちょうどよく収まりました。

 

こういうリュックを持つのが初めてだった私はびっくりしてしまったのが、レインカバーも入っていること。

しかも、底から出てきます。機能的。

しわしわですが、専用品なのでサイズはぴったり。

完全防水ではなくても、文字どおり命綱となりかねない荷物が雨風から守れるのはありがたいと思いました。

 

そしてできるだけ荷物を詰めてから背負ってみました。150cmくらいの子ども体型です。実はパジャマでごめんなさい。

ほしい機能は確認してから買いましたが、後から簡易的ながら笛(胸元のベルト、オレンジの部分)がついていることも知りました。

 

登山中と避難(移動)中、また物騒ですが、登山で遭難したときと災害で閉じこめられたとき、役立つ機能に似ているものが多いように思っています。ライフラインが止まったとき、アウトドアグッズなども活躍するだろうなと。

そして実は私、登山にもちょっと興味があるんです。気軽に登る、といったら語弊がありそうですが、初心者なりに装備を確認した上で日帰りできるくらいの山登りができたらいいなと。そういうときに使える大きめのバッグを持っていないので、このリュックを選んだのはアウトドア兼用を考えてのことでした。

現時点では避難にも登山にも使っていませんが、できれば楽しい用途で活用しつつ、備えにつながればいいなと思っています。

 

Amazonが一番お安く、色の選択肢が豊富でした。

 

今日は一年前に手放したバッグと、その当時の猫。

リュックと入れ替えるつもりだった先代の防災用バッグですが、しばらく猫向け防災用品を収めるのに使っていたんです。

でも十数年前の購入品でだいぶぼろぼろになっていたため、結局一年ほど前(リュック購入から約一年後)に手放しました。

そしてこちらが、当時、同居半年ほどだった子猫。今ではすっかり大人(?)です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き