2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

桃か、梅かの、ケンカ。

こんばんは、ヤマネコです。

最近は雨の日も多く、ちょうど季節であるはずの花もだいぶ散り始めています。

それも自然の摂理なので仕方がないと思う中、ちょっとしたお花見のタイミングを大切にしたい日々。買い物の往復路でいつもは通らない道を歩いてみたり、ちょっと遠回りして公園を通過してみたり。意外なところで意外な花に出会えることもありました。

 

そんな中、所用で立ち寄った公園に桃色の花が咲いているのが見えました。

この日は午前中に雨が降り、午後も雲は多かったけれど青空も見えてきたタイミング。地面がだいぶ濡れていたのでレジャーシートを広げてといった雰囲気ではなかったけれど、お散歩がてら立ち寄る方々もちらほらといるような環境です。

散ってしまった花びらも少なくはなく、枝の花もやや傷み始めているものの、まだまだ見応えがありました。

そんな中、私が見上げてカメラを向けていた樹のそばに老夫婦と思われるお二人連れがやってきて、どうやら梅か桃かと話されているようでした。

 

私にも桜はなんとなく見分けがつくのですが、桃か梅かはより難しい印象。この季節になると必ず一度は悩みます。シンプルな梅(下の写真)なら一目瞭然だけれど、梅の種類によっては桃に見まがってしまうことがあるし、他のパターンもありそうです。

その樹に関し、私は遠目に見たときは桃の花だと思って近づいたのですが、よく見ると枝には一切葉がなく、八重の梅かなと思いながら撮影をスタート。とはいえ確信はありません。

ただこうして後から写真を見ると、花びらにはやや尖りを感じる部分もあるため、もしかしたら桃なのかも?

普段の私ならどちらであってもきれいだからよかったと片づけておしまいにすることが多いのですが、このときは近づいてきたお二人が、そのテーマでの口喧嘩でちょっとした険悪なムードになっているのを感じ、私自身はまったくの部外者なのに少しあたふたしてしまいました。

 

並木道というほどではないけれど、目を引く樹は他にもたくさん。お二人とも、私が見上げていた樹のそばで立ち止まることはない様子。ただどうやら歩調がゆったりなので通り過ぎるまでの会話が自然と私の耳にも届いてきました。

そんなやりとりを聞いているうちに、万が一話を振られたらどうしよう? という不安も。確信がないのでどちらの味方もできないし、私にもわかりませんではがっかりさせてしまう可能性もあります。そんな心配からもあえてあえてお二人からは視線を外して、私はずっと花だけを見上げていました。

 

結果的に私が話しかけられるようなことはなく、お二人は立ち去って行かれました。

ホッとしながらようやくその背をちらりと見やって気がついたのは、お二人が手をつながれていたこと。ああずっとそうやって寄り添って歩きながら口喧嘩をされていたんだ、と。

聞き耳を立てるまでもなく届いてきたやりとりには本当に強い口調を感じていたのではらはらしていたのですが、あれはきっといつものお二人の調子だったのだなと。

 

梅か桃か。その違いは幹にもあるそうで、もし同じ公園に立ち寄る機会があれば私は確認してみようかなと思っています。

ただ答えはあってもなくても、出ても出なくても、日常のやりとりを手をつなぎながらのお散歩中にされていたご夫婦があまりにもすてきで。勝手ながら心があたたかくなりました。

 

本日の猫は、昨日のこぼれ写真から。

ひなあられをちょっとだけしか食べられず、ややご機嫌斜めの弟猫。

とはいえずっとくっついたまま不満のお知らせを発信していました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き