年末年始の、使い捨て。

こんばんは、ヤマネコです。

年の瀬ですが、今年ものんびりとすごしています。

お正月飾りを28日に出せずにいたので、今日になってようやくしめ縄飾りを玄関先に掲げ、鏡餅をキッチンの一角に飾りました。

しめ縄飾りについては宣言どおり、100円ショップで購入してきたものに水引や生花を足してほんの少し華やかにしてから定位置へ。鏡餅は今年も陶器のものを出しました。

 

お飾り用の南天は、必要なぶんだけ庭から調達。

できれば年末ぎりぎりで切りたい。でもうっかりすると鳥に全部持って行かれてしまう。そんな理由で毎日そわそわしながら見守っていたのだけれど、今年は晦日まで無事残してもらうことができました。

すぐそばに立っているこちらは、白南天。実はすっかり存在を忘れていて、途中までこれから赤くなるものと勘違いしていました。わが家の南天は紅白だったことを今更思い出し、意図せずちょっとおめでたい気分になっています。

 

在宅業なので年末年始も変わらず仕事を続けます。多少は調節するけれど、完全に休んでしまうと元に戻すのがかえって大変になるから。ちょっとずつでも毎日同じことをくり返すほうが私にとっては楽なんです。

最近は朝一で仕事、その後で御節の準備やその日の食事のしたく、午後からお飾りの準備や掃除などの家事、という流れになっています。夜からブログを書いたり、また少し仕事をしたり。

そんな順序がなかなかいいなと思ったのは、御節の準備で使い捨てふきんの出番が増したから。使い捨てといっても洗ったりしぼったりができるものを愛用しているのでしばらくは活用し続けます。更にここ数日は、調理中におろしたものを、午後には雑巾として使い切るという方法をとるようになりました。

 

年末の大掃除はそこまで本腰を入れてすることはありません。でも普段の掃除にプラスαで気になる部分のお手入れをするので、ウエスが多めにあると便利です。そのウエス代わりに調理後のふきんを活用することに。

場所によっては真っ黒になったり擦り切れたりすることも早く、そのふきんに限界がきたらその日の大掃除も終了というルール。

ウエス不足に悩まないし、いつもとは違う場所の掃除もはかどるし、達成感も得られるし、結果的に残りの時間をダラッとすごしても罪悪感があまりなく……思いがけない形で、使い捨てふきんが年末の暮らしを楽にしてくれました。

 

クリスマス前後、私にしてはめずらしく外出する日が続いていて少し気忙しさを感じていたんです。それもようやく落ち着き、家ですごす時間が増えてきました。たとえ大掃除や御節づくりが加わっても、穏やかさを取り戻したような気持ち。

明日はとうとう大晦日ですが、またあまり変わらない一日をすごしたいと願っています。

 

本日の猫。

午前中の台所仕事が増えたせいか、いつもなら昼頃までベッドの中から出てこない弟猫も早起きするようになりました。

でもたぶん、眠いのだと思う。

抱っこを始めた途端に、なかなか目が開かなくなるのでした。

毎朝こうして弟猫が起きてくれると、寝具を洗ったり布団を干したりできるのがありがたいのですが、立ち仕事中の私に延々と抱っこをせがむので悩ましいところでもあります。

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き