めがねとマスクで痛む耳の、プチ対策。

こんばんは、ヤマネコです。

めがねとマスク、どちらも愛用しています。

 

視力(数値)はさほど悪くないのに乱視が強く、仕事で細かい作業をすることの多い私にとって、めがねは必需品。そして喉も弱いほうなので、保湿目的での布マスクも常用品。どちらも長時間に及ぶ使用で疲れないものを見つけることができ、これまでトラブルはありませんでした。

ただ今回の感染症騒動の中、自分で用意したものとは別で手に入れた他社のマスクを使うことも増えています。

 

先日もたまたまいただいた使い捨てマスクをつける機会がありました。生地の使用感はそんなに悪くないと思っていたのですが、付属のゴムが体にあわなかったのか、耳のつけ根を痛めてしまいました。

小一時間ほどすぎた頃からちょっと痛いなとは感じ始め、そこで外せればよかったのに怠ったのが私の愚行。そのまま半日つけっぱなしですごしたら悪化し、その夜は耳裏(とくに、つけ根の上部)にひりひりとした痛みが。それが一晩寝ても治りませんでした。

今回は原因が想像できたので、できれば今すぐ病院へ駆けこむのは控えて少し様子を見たいなと。そうはいってもめがねもマスクも装着できない現状で、朝から「今日の仕事はどうしよう」と悩むことになりました。

 

私の仕事は在宅業で、基本的に一人きりのデスクワーク。マスクをつけるのは保湿のためで一日くらい外しても大きな支障はないけれど、めがねは必須アイテムです。

最初はめがねと耳の間に化粧用コットンをはさんでみたのですが、少しずれやすいかなと。しばらくは患部(耳・皮膚)には何もふれさせずに休めたいという気持ちもあったので、他の方法を考えました。

スポーツ用のめがねバンド(めがねを後頭部で固定するベルト)の存在を思い出したけれど、今は手元にありません。ネット注文しても今日中に届けてもらうのは難しいと思うし、なんとか自作できないかなと考えていたのですが、ふと思い立って「髪にかける」という方法を試してみました。

もともとアップにしていたヘアスタイルの、耳の少し上の髪に、めがねのフレーム(先セル・モダンと呼ばれる部分)をひっかけるだけ。

試してみたら、意外とうまく固定できます。デスクワーク中に下を向いたら落ちてしまうかなと心配したけれど、私の軽いめがね(JINSのシンプルフレーム※2013年購入品)は思いのほかしっかりとひっかかってくれました。

落ちないどころか違和感もなく、対面していた家族も気づかないくらい微小な変化だったようです。私自身が仕事中はすっかり忘れてしまうほど。髪型とフレームの相性などもありそうですが、すごく簡単に対策できました。

 

唯一気になった、というほどでもないのですが、額に落ちてきた前髪を耳にかけなおそうと手を動かしたとき、いつもと違う場所にひっかけてあるめがねフレームとぶつかることが数回ありました。とはいえ大した問題ではなかったと思います。

耳のひりひりがしっかり治まるまでの数日間、「めがねを髪にかける」という方法で乗り切ることができました。

 

ふだんから何度も耳が痛くなってしまうようなら対策グッズの購入や試作、あるいは、めがねの買い直しを検討したほうが良いかもしれません。でも初トラブルで頻発はしていないので、これだけで解決としました。

そして改めて「使うマスク(相性の良いもの)」を選ぶことも大切だな、と思いました。

ただ現実問題、今は選べる状況でもありません。布マスクでも、使い捨てでも、せめてできるだけ自分にあったものを自力で用意しつつ、別途手に入れたマスクを使うときの準備をしておこうと思います。

 

本日の猫。

そんな私の仕事机でおやすみモードへと突入した猫に、ちょっといたずらで、ばんざーい。

……そんな遊びで起こされて、とっても不服そう。
どこかへ行ってしまうかな? と思ったけれど、

すぐにちょうどいい枕を見つけるのでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き