2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

またたびの押し葉、失敗と希望。

こんばんは、ヤマネコです。

先月から野生の「またたび」を挿し木にして、育て始めました。

挿し木にした枝の半分ほどは残念ながら枯れつつあるのですが、残りの半分はうまく根づいてくれたようで、葉もいきいきしています。このままいけば、またたびの鉢植えを室内で育てることが実現できそうです。

実はそれとは別に、またたびの「押し葉」をつくっていました。

 

前回、収穫してきたときの話でもふれましたが、入梅前後のまたたびの葉は表面が白く色づいています。それが変化していく途中の葉は、グラデーションになっているものも。

そのまま残しておけたらステキだなとずっと思っていて、今回は押し花ならぬ「押し葉」を試してみることに。

…したのですが、実は失敗してしまいました。

葉の色がきれいに仕上がらなかったんです。

 

失敗の要因は、葉を本にはさむ際にビニールを使ってしまったことのようです。

紙ではさみ、更にビニールをかぶせて、それから厚い本で重石をしていたのですが、これでは通気性が悪く、それが変色につながったのかなと。

というのも、知人がまたたびの葉をそのまま辞書にはさんでおいたところ、きれいな色を維持したままの押し葉になったそうなのです。私は手間をかけ配慮したつもりが、余計な処理をしてしまったのだと反省しました。

 

もう白くいきいきした葉は残っていないので、今年は再チャレンジができません。残念ながら「きれいなグラデーションの押し葉を残す」という挑戦は失敗に終わってしまいましたが、来年のために記録しておこうと思います。

またたびの場合に限るのかわかりませんが、押し葉にする工程は…

葉を洗って、その水滴を軽く乾かす。
ティッシュなどではさむ(次の工程で本が汚れないように)。
厚い本にはさんで伸す。

シンプルにこれだけでよかったのかなと。

 

変色してしまった押し葉は残念でしたが、最近ちょっとうれしいことが。

初日から始めていた乾燥枝・葉のほうもいい塩梅に仕上がったのですが、同時進行していた挿し木とは別に、コップの水に挿しておいたまたたびの枝が、下の写真。その先端から新芽が出ているんです。

今は、この新芽が出た枝からも発根するといいねと、家族と見守っているところ。

またたびの鉢植えは(成功したら)身近な猫友さんにおすそわけする予定になっているので、たくさん根づいてくれるのはとてもありがたいなと。

 

またたびは、猫好きな私にとってあこがれの植物だったもの。
来年以降への期待が大きくふくらみ始めています。

 

本日の猫。

何をしているところでしょう?

冷房の風を逃がしていまーす!(やめていただきたい)

というのは冗談で、とうとう先月末から使い始めたエアコンのある部屋に、猫たちを呼びこんでいるところでした。いっきに来てくれないので、順番に。

半開きのドアから出たり入ったり、全員が集合してくれるまでが長い戦いです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き