家族にとって使いやすい、掃除機の定位置。

こんばんは、ヤマネコです。

秋の大掃除をしていた二ヶ月ほど前、掃除機の定位置を変えました。

それ以前にも色々な場所に移動させながらベストポジションを探していたのですが、やはりここかなと。

せまくて写真を撮るのが難しかったのですが、撮影場所はバスルームの横の「脱衣室」です。

 

マキタのコードレスクリーナを買ってから、その収納場所や方法については長年模索し続けてきました。

  • 掃除道具の出しっぱなしはしたくないなと、納戸へ。
  • 猫の毛対策としての用途が一番多いからと、リビングへ。
  • 猫用トイレの砂の掃除に毎日使うからと、トイレスペースのそばへ。

色々試してはみたものの、隠してしまうと「こまめに使う」のハードルが上がるし、出しておくと猫たちの運動会に巻きこまれて壊されそうでした。

壊れるだけならまだいいけれど、猫たちがけがをしそうで怖いのです。そのくらいわが家の運動会がすさまじいということなのですが。

そんなことを悩みながら何度も管理場所を移動させはしたけれど、それぞれに私なりの合理的な理由があって、どこに置いても間違いではなかったと思っています。ただ、その都度気づいた問題と向き合いながら、うちの掃除機は引越しをくり返していました。

 

そして新たな定位置は、脱衣室になりました。

  • 着替え(脱衣)をする上、洗濯機もあるため、衣類から出る糸くずや繊維ゴミが多い。
  • 入浴後の家族が髪を乾かすため、髪の毛が落ちる量や機会が一番多い。
  • 間取り的に、家族それぞれの私室やキッチンから近い。
  • 建物の側端のため、家じゅうに掃除機をかけるときのスタート地点として最適。
  • 家族以外の入室が少ない。
  • 猫たちの入室も多くない(基本は猫単独での立ち入り禁止)。

私たちにとっての脱衣室は、こんな場所だったからです。

掃除機の収納場所はここ数年で何度も移動をくり返していたので、脱衣室に置くのもお試しのつもりで二ヶ月弱。これまでの定位置候補の中では、ダントツで使いやすいように思います。

 

一番よかったことは、家族が自発的に掃除機を使ってくれる頻度が激増したこと。

激増、です。

 

これまでに定位置としていた納戸や猫たちのトイレスペースは、用がなければわざわざ立ち寄らない場所でした。

一方で脱衣室は、毎日の身じたくや入浴などで欠かさず利用する場所。そこにある掃除機も必ず視界に入るようになったはず。

目に留まれば手に取りやすく、無意識のうちにハードルが下がったのかなと。

 

とにかく脱衣室でドライヤーを使ったあとに進んで掃除機をかけてくれるようになったし、自室に持ちこんでの床掃除も頻度が上がっている様子です。

わが家のせまい脱衣室に掃除機を置くのは邪魔とも思えたのですが、それ以外のメリットだけでも、ここに留める理由ができました。

 

あっちこっち気軽に移動させながら理想の場所さがしを続けてこられたのは、別途購入したスタンドのおかげでもあります。

床置きのデメリットもあったものの、それ以上の便利さを実感できました。

 

個人の私室を除き、家じゅうの掃除は主に私の役割です。だからこそ掃除機収納も、まずは「私が」使いやすいことを前提に決めていました。

でも条件が変われば、他の人もこんなに使ってくれるのだなと。

考えてみれば当たり前のことなのに、新たな発見をしたような。また初心に戻る気持ちで、今年も暮らしの見直しを続けていこうと思います。

 

本日の猫。

これは例の福袋のネコハウスです。

予想はしていたけれど、一ヶ月、もたなかった……。

そのくらい楽しんでくれたのだと思えば十分に満足なのですが。

この破壊力で掃除機にもタックルすることがあるため、リビングに置くのが不安になった。それが掃除機のリビング管理を、わが家では見送った理由なのでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告