maholeg*夏コーデにプラスした、日本製のアームカバー。

maholeg*夏コーデにプラスした、日本製のアームカバー。

こんばんは、ヤマネコです。

先日、吉谷靴下(まほれぐ)のアームカバーを買いました。オーガニックコットンのものです。

お値段は単品だと1200円、2セットで送料無料の2000円(いずれも税別)。同じ条件の商品の中ではだいぶ安く感じたのでちょっと心配だったのですが、日本製なら試してみたいと注文しました。

メール便で届いてまだ数日なのですが、試着段階からもう気持ちよくて。もともと「UVカット」を期待してのものでしたが、着用感も気に入ってしまいました。

 

今年も日焼け止め(クリームなど)を使うのはできるだけ控えようと思う中、UVカット機能のあるアームカバーを買うか迷っていました。

とくに使いたいのは庭仕事のとき。といっても私の場合は家族が育てた野菜の収穫や水やりなど、毎日の作業時間はわずか。

最初はわざわざ買うほどではないかなとも思ったのですが、日に日に強くなる日差しの中で、真夏にも増えそうな庭仕事のことを考えると、やはり必要だなと。

 

というわけで取り入れたのが、オーガニックコットンのもの。

糸に黒い粒が残るのは、化学処理を行っていないためだそう。真っ白ではないオフホワイトの色合い的に、黒い粒がバニラビーンズのように見えました。

波打つような絞りがあるほうが二の腕側、反対のシンプルなほうが指先側。

指穴があるけれど、今のところ親指も先端までとおして使っています。

指穴は使っていないときも、現状ではまったく目立ちません(上の写真にも指穴が写っていますが閉じてしまいました)。洗濯などをくり返して生地がくたってきたら変わるかもしれませんが、以前のものにも指穴があったので、私はあまり気にせず使えそうです。

 

仮に手洗い必須と書かれていても、なんとか洗濯機に洗ってもらおうと考える私ですが、このアームカバーはもともと「洗濯ネット使用で洗濯機洗いOK」とのこと。安心です。

 

商品ページに、長さの情報として「55cm」と書かれており、それが長いのか短いのかわかりませんでしたが…

私の腕が短いことはわかりました。
毎回確認しているのに、毎回がっかりします。

身長も低い(150cmくらい)ので腕が短いのは仕方がなく、ふだんはくしゅっと縮めて使いながら問題なしと考えることに。

ゴム部分にあまり締め付けはないのですが、今のところ多少動いても落ちてきにくいのは快適でした。

 

紫外線のことを考えるとアームカバーも黒を選んだほうが効果はあると思うのですが、このとおり夏服のメインが黒やネイビーという濃いめの色合いなので、小物や羽織りものは薄い色で少しでも軽さを求めるようにしています。

一方で、先日記事にしたジョギング用アームカバー(ワコール)は黒。

こちらは見た目の雰囲気よりも機能性重視の色選びでした。

ワコールのアームカバーのフィット感は本当に優秀で、ジョギングには最高。でも私が求める普段着&庭仕事用とは少しイメージが違ったので、用途にあわせて持つことにしました。

 

 

ふんわり肌あたりのやわらかい生地は、エアコンの冷えすぎ対策にも出番があるかもしれません。

暑がりの私にとって、真夏の屋外で何時間も腕を覆っているのは(おそらく素材に関わらず)辛くなりがちですが、短時間の使用であれば、汗を吸い風をとおしてくれそうな薄手のコットン生地なら、今夏を気持ちよく過ごすことができそうです。

 

本日の猫。

これは…

バチバチってしないやつですか?
(猫を抱っこしていて、静電気が起こりにくいことも重要条件です)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ