少ない下着を丁寧に、ブラジャーを大切に洗えるネット。

こんばんは、ヤマネコです。

今日は昨日の記事の補足というか、続きになります。女性用下着のお手入れの話です。

 

下着は手洗いするのが一番だと思います。

ただ私にとって、それを毎日続けるのはハードルが高いことでした。だから横着かもしれないけれど、これまでずっと洗濯機にお願いしているのが現状です。

せめて、と下着だけは専用の洗濯ネットを持つことに。

  • 素材や細工が傷まない&他の衣類にも絡まないように
  • 丸みのある形状がつぶされないように
  • (特に脱水時)無理な負荷がかからないように

などが、洗濯ネットを使う目的です。

 

長いことお世話になっていたのは、100円ショップで見つけた下着用のネットだったのですが、この一年ほど下着に関する考え方やマイルールの見直しを重ねた結果、しっかりした洗濯ネットを一つ持とうかなと思うようになりました。そして選んだのがCBジャパンの下着用ネット。

こちらはブラ専用です。

 

サイズは、パッドの厚いものでなければ二枚入りそうかな?というくらい。わが家は基本的に毎日洗濯するので、その日着けていたものだけを入れて洗っています。

上部の円周に、ファスナーがぐるり。

使い始めは金具が周囲の生地を巻き込んでしまいそうで、開閉時に動かしにくいと感じました。でもしばらく使っていたら生地がやわらかくなったのか、ファスナーも滑らかに動くようになっています。

洗濯前も、洗濯後(濡れた状態)も問題なく扱えます。

 

ネット自体の素材は厚みもあって、かなりしっかり。内側にはクッション性のある補強材が入っていて、支えとなって自立します。

蓋の部分には全体的に補強材が。

直接触れないのですが、強度のあるスポンジ?のような感触。もちろん洗濯しても問題ありませんでした。

 

長年100円ショップの下着用ネットでも過不足ないように感じていましたが、これまで脱水後の洗濯機の中では押しつぶされているのが当たり前だったのに対し(このせいでワイヤーが曲がってしまった経験があります)、こちらのネットは停まった洗濯機の蓋を開けた時、毎回キレイな筒型を保っています。

また素材的に浮くためか、洗濯機との相性なのか、必ず一番上に出ていて、真っ先に取り出すこともできるようになりました。ちゃんと洗えているようなのに形状は保たれていて(まったくつぶれていなくて)感動です。

 

デメリットとしては100円ショップ品を使っていた私にとってはやや高いお値段(1000円くらい)。でもそれ以上に高い下着の寿命がちょっとでも延びる(かもしれない)なら初期投資になりそうかなと。あとはそんなに頻繁に交換するものではないから…と、下着用ネット自体が長持ちしてくれることへの期待も込めて許容範囲。

ただ、これまで支柱となる補強材のないネットはコンパクトに畳めていたのに対し、この洗濯ネットは収納時にちょっとだけ邪魔に感じます。定位置を考えずに買ってしまったのは私の失態でした。

でもすぐに解決。

わが家の洗濯ネット(普段用)は、ランドリーバスケット本体に引っかけ収納しているので、同じように引っかけておくことに。濡れたままの洗濯ネットをここに引っかけ、「乾燥&収納」を同時進行。

筒型だと外側にあるのは邪魔なので、うまく内側に定位置をつくれたと思います。

 

それから、お気づきかと思いますが…色。

ずっと可能な限り「白系」を選んできたのですが、下着用に関しては妥協したというより、あえて違う色のほうがいいかなと思って決めました。というのは、脱水後に真っ先に取り出したかったから。

これまで白いネットばかりだったので、下着用ネットも埋もれてしまい、脱水後に蓋を開けて「下着から取り出す」というのに手間取っていました。型崩れが気になるものほど先に取り出して形を整えたい、それならちょっと目立つ色もいいかなと。

もっと言えば、本来なら脱水の途中で停めて他の衣類よりも先に取り出すのが理想とも思うのですが、まだそこまではしていません。

結論としては、前述どおり色に頼らなくても扱いやすくなったのですが、今の総評としてはこの製品にしてよかったと思います。

 

あ、あと私にはまったく関係ないのですが…
こちらの商品、Dカップまでしか対応していません。

ご注意くださいね…。

 

本日の猫。

猫のトイレスペースに換気扇があります。

スイッチオン、で、「びくっ!」

換気扇掃除後にスイッチを入れたら、なぜか興味津々の彼。

「うごいた…」

「だれかいる…?」

毎日動いていたけれど、やっと存在に気づいたようです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告