夏の足袋は、さりげなくレース。

こんばんは、ヤマネコです。

友人から新しく浴衣を買ったという報告を受けました。

 

本当は昨年(というか一昨年の時点で)新調するという話を聞いていたのですが、あいにくほとんどの夏祭りや花火大会が中止となってしまい、お店にも行きにくく、当時の購入は見送ったのだそうです。現時点では今年の夏もどんな状況になるかはわからないけれど、気に入った浴衣(生地?)と出会ったので思い切った、という報せを受けることができました。

私が時々ふだん着物について話していたので、友人からも「自宅でも着ようかな」という一言が。私自身が和装初心者ではあるけれど、それでもお仲間が増えるのはとても嬉しく感じます。

そんな報告とともに相談されたのが、浴衣にあわせる下駄の靴ずれについてでした。

 

下駄も靴も同じ感覚で、自分の足にあったものを選ぶしかないと思います。もちろん昔よりもずっと工夫された商品はあると思うけれど、どんなものでも最終的には相性なのだろうなと。

何より、浴衣の足元といえば素足に下駄。それが定番だからこそ靴ずれも起きやすいのかなと思っています。

 

個人的には、ふだん着物を始めてからはもっと自由でいいのかもしれないと考えるようになりました。もちろんTPOにあわせて、ではありますが、日常着やお祭りに行くときは自分が楽しくあることを優先してもいい。その気持ちには少しずつ迷いがなくなり始めています。

そしてフローリング生活の中、屋内ではできるだけ素足を避けたいという想いもあって、浴衣にも足袋をあわせることが私にとっては定番となりました。

 

そんな私にはふだん用足袋のお気に入りもあるのですが、それとは別に、デザイン的なかわいさを求めてレース足袋を持っています。

素肌が覗くようにレース一枚で仕立てられた仕様のものもありますが、こちらは生地が二枚重ねになっているタイプ。

しかも白地に白レース。正直あまり目立たないのだけれど、着物でも浴衣でもさりげなく見えるデザインをとても気に入っています。

形状としては「足袋型の靴下(親指だけ独立したデザインの靴下)」ではなく、しっかり足袋。ただストレッチ素材なのでこはぜ(かかと部分の金属※下の写真)はありません。

また「ストレッチ素材のレース足袋」だと、裏地は伸びてもレースに伸縮性がなく着脱しにくいものがあったのですが、こちらはその心配も不要でした。何足か試した中では着用した雰囲気も動きやすさも満足度が高く、浴衣との組み合わせも気に入っています。

草履に足袋を取り入れるのはもちろんですが、新しい下駄をおろすときも履き慣れるまでは足袋をあわせたり、あえて好みのデザインの足袋を浴衣にあわせて出かけたりする。

足をいたわりつつ、自由にコーデを考える。そんな楽しみ方もいいかなと、靴(下駄)ずれ対策の一つとして友人に提案してみました。

 

できることなら今夏は私も浴衣を着てお祭りに参じたい。とはいえ難しい状況であることも感じています。それならそれで、ふだん浴衣をもっと楽しもうかなと。

私のレース足袋は高価なものではないのだけれど、デザイン的な理由からお出かけ用としていました。でもそれが難しい今、自宅で眠らせておくくらいなら、ふだんの浴衣にも取り入れて楽しみたいと考え始めています。

 

※私は一年ちょっと前に定価で買ったのですが、現在は半額セール中でした!

 

本日の猫。

目覚めたらこの状態でした。

ふだんの私はこんなふうに腕を投げ出して眠ること(起きたときに肩が痛むこと)はあまりないはずなのだけれど、深夜か、朝方か、猫に腕枕をせがまれてそのまま寝落ちしたようです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き