簡単に設置、秋仕様のこたつ。

こんばんは、ヤマネコです。

数日前に、今年もこたつを設置しました。

場所はリビング、先日ラグを敷いたのでその上に。こたつと言ってもテーブルに毛布を掛けただけ。寒い日もあるのですが、電源はまだ入れなくても大丈夫そう(一度入れてみたのですが、皆出てきてしまいました…)。コードも外せてすっきりです。

現在、使っているのはほぼ猫たち。

夜はほとんどの子がこの中に入り、身を寄せ合って眠ります。そんな猫だまり、人間も足を入れるととてもあたたかいのですが、うっかり猫にぶつかると怒られる、黒ひげ危機一髪のようなこたつ。

今日はあたたかかったので、半数以上がフローリングやベランダに寝そべったり、こんな風にこたつの上に乗っていたりで中は空っぽ。しめた、と毛布も干しました。

 

こたつの躯体はもともと角柱タイプ(木目調のもの)だったのですが、ゆるりまいさんの影響で「こたつテーブルも折りたためると楽かな」と思い、二年前に猫脚(DIY)に取り換えました。

別のテーブルについていた猫脚です。

布団を干す間、掃除の時、部屋を広々使いたい時はサッと畳めるのでたしかに便利。

猫脚の向きが揃っていない(元は中央にヒーターがついていて、それに畳んだ足が接触しないように…と風車のような向きで脚をとりつけました)のをどうにかしたい…と思うのですが、夏はほとんどテーブルの出番がなく、使いはじめる頃には布団をかけてしまうので気になることもあまりなく、今は保留にしています。

ちなみに天板(別の板)は必要な時だけ載せるスタイル。

人間にとってはちょっと不便ですが、写真のように猫が乗る時、毛布の感触のほうが心地いいかな?と思ったため。あと、天板がないと「テーブルの上にチョイ置き(のまましばらく放置)」ということが減るのも良い傾向でした。

 

更に昨年、わが家は「椅子に座ってこたつ」をちょこっと実現させました。今季のこたつも秋から冬に向けて少しずつ変化させていく予定。今年はまた違う形にしたいなと思っているので、実現したらまたご報告させてください。

 

本日の猫。

嬉しいけれど、なぜか皆でこちら向き。
特に中央の子がいい香箱座りをしていたので…

肉球を引っ張り出してみました、もみもみ。

そっと送られる「やめんかい」の視線、ひしひし。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き