2020年秋の衣替えと、私の季節感。

こんばんは、ヤマネコです。

先週、わが家でも衣替えを行いました。

接近中の台風12号に備える中でどんどん気温が下がっていき、10月の頭というタイミングも悪くはないのかな、とわが家の冬じたくの進行に少し拍車をかけました。

  • 今年新しく購入、あるいは昨シーズンに収納管理していた秋冬服を使い始める。
  • ハンガー収納ではオンシーズンものを取り出しやすい位置へ、オフシーズンものはお手入れと見直しをすませてから少し奥へと移動。

衣替えといっても衣類をたくさん持っていた昔ほどの苦労はなく、お手入れや見直しを含めても小一時間の作業。ただ真冬用の衣類などはまだ出番がないので、今季も少しずつ切り替えていくつもりです。

 

一足先に交換していたのは、私の寝間着。

写真は、お風呂で遊んだ犯人(犯ニャン)の痕跡が残っている一着。一年弱お世話になりましたが、見た目の傷みが大きかったため夏のうちに手放しずみで、今季は新しいものを用意してあります。

こちらを着用し始めました。

一度洗ってから使い始め、着心地も、寝心地も上々。ただ、いつもはベッドの上で私の横に陣取る猫が、なぜか私の胸(腹?)の上で眠りにつこうとしたのでそっとおろしました。感触は猫にも好評だったみたいです。

 

ファッションにおける「季節感」は大切な要素だと思います。守るべきルールというものではないけれど、季節に応じて色やデザインを見直すというのは、私にはすてきなことだと感じるから。

ただそういう方にあこがれる、という話であって、私自身はかなり大雑把。夏服を重ね着して冬服の一部にしてしまおう、なんて発想もするくらいなので、ファッション上級者の方には苦笑いさせてしまうと思います。それでもワンマイルウェアや寝間着など、服の用途によってはそういう考え方でもいいかなと。

最近まさに「夏ワンピの上にセーター」という重ね着を始めたのですが、やはりこの方法は季節の変わり目ほど便利。

台風(結局直撃はしませんでしたが)の前後では寒暖の差が驚くほど大きかったので尚更でした。数日前はノースリーブのワンピースの上にセーターを着て(夜は更にプラスショールで)ちょうどよく感じていたのに、今日はその袖のないワンピースだけで快適。10月半ばなのにとても暑かったから。

  1. 一番寒い日を想定した「フルセット」のワンマイルウェアを「重ね着」で用意。
  2. 寒い日はフルセットをそのまま、暑い日は引き算しながら着用する。

元より制服化(衣類の組み合わせ方の定番化)をしているので毎朝着るものに悩むことはめったにないのだけれど、更にフルセットからの引き算で寒暖の差に対応しやすいなと。

ふつうの答えにたどりつくのに、いつも遠回りをしている気がします。

体質的に暑がりなので春も秋もアイテム数を抑えて薄着をしがちでしたが、今後はもっと重ね着を意識しながら、服の選び方を考えていこうと思いました。

 

本日の猫は、以前のお蔵入り写真から。

まだ買ったばかりの頃の黒いワンピース。

これから時々白くなります(猫の毛で)……ので、お手入れをがんばります。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き