KOKUYOの減らす道具「リリッシュ」

こんばんは、ヤマネコです。

以前は絶対に必要ない、と思っていた電動シュレッダーを買いました。

 

きっかけとなったのは、先日、手動シュレッダーの使いすぎで手首を痛めてしまったこと。これはシュレッダーが悪かったわけではなく、私が無茶をしすぎたせいです。

量はその時々で変わるのですが、毎月百枚近く仕事の書類をシュレッダーで処理します。今回はとくに多くて、それでも完遂した結果、手首にダメージが。私はもともと手を使う仕事をしているので、これでは社会人として失格だと方法を見直すことにしたのでした。

パソコン購入で悩みすぎた経験を活かし(?)、今回はサクッと決定。

コクヨのリリッシュ、電動シュレッダーの購入です。

断裁時の音は、生活音がある環境なら気にならないレベルかなと思います。レビューでもその点を評価する声が多く、購入の決め手でもありました。

クロスカットはすこし大き目ですが、手動のときも同じような幅だったので、紙を入れる向きさえ注意すれば十分かなと思います。ただ、内側の刃に塗られた…機械油でしょうか?紙がちょっとべたついていました。ダストボックスも汚れそう。

初カット10枚ほどが問題なく終わったので、周囲の説明シールをはがすことに。

汚い写真でごめんなさい…。

最初、角から剥がしたところ、ベタベタが残るタイプのシールでした。そこで不要なクリームを塗って、ベタベタが柔らかくなったところをウエスでぬぐい、更に消しゴムをかけて、ヘラでこそぎました。

正直、はがすのは大変でしたが…

キレイになったので満足です。

 

そして手放すかどうかは迷っていた手動シュレッダー、譲渡先を探そうと思います。

両方無印良品のもの(ハサミは廃盤)で、元は十分取った、と思えるくらいこき使いました。

今まで私の事後処理を支えてくれて、ありがとう。

 

実のところ手動であれ電動であれ、シュレッダーは多用したくないと思っています。というのもシュレッダーでカットした紙は繊維が切れてしまっているためリサイクルが難しく、「可燃ごみ」として捨てるしかない(※うちの地域の場合)そう。大量に捨てるたびに罪悪感を覚えます。

それでもゴミ箱にポイッとできない書類、部分的なスタンプでは対処が難しいものも多いので、これからも使いすぎないように活用していこうと思います。

 

実はこのシュレッダー購入、ちょっと迷いながら「腕を痛めた」とツイッターで呟いたところ、モノクロ家計簿のおはぎさんに背中を押していただきました。

いつもいつも、ありがとうございます!

 

その後、おはぎさんから訂正(?)イラストを頂戴しました…!!

※この画像はモノクロ家計簿のおはぎさんの著作物で、許可をいただいて掲載しております。

思っていた以上の強烈プッシュだった…。

でも強いお気持ちがこもったソフトタッチだと感じました。
何より、描いていただけたことが感激で…!ありがとうございました!

 

今回の買い物で、持ち物は数的に減った筈ですが、増えた感は否めません。でもこれは「物を減らすための道具」でもあり、私は「医療費や湿布代の代わりにシュレッダーを使う」と思うことにします。

 

トラコミュ。

 

本日の猫。

覗く。

覗く。

へっぴり腰でも覗く。なんと、猫背が解消しましたね。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ