一年半ぶりの出番に、心躍ったもの。

こんばんは、ヤマネコです。

もう数ヶ月前のことなのですが、およそ一年半ぶりに使い始めたものがありました。

手に入れたのは数年前、お値段は数百円だったもの。
しばらく使わない、使えないことが明白だったもの。
いつでも買い直しができそうだったもの。
だからこそ、ひとまず手放すかどうか迷ったもの。

そういうものは時々あるのですが、今回のそれは「かんざし」でした。

 

2018年の梅雨入り前にヘアドネーションをしました。髪をばっさり切ったので、直前と同じヘアスタイルを続ける事はできなくなり、そのためのヘアアイテムなども半分以上が一時的にお役御免となりました。

その中の一つが、かんざし。

この小枝のようなかんざしの後、もう一本猫デザインのかんざしも手に入れました。でもそちらはあくまで飾りの感覚で、普段使いに重宝しているのは最初に手に入れた一本です。

2016年末に最初の一本を手に入れて使い始め、デザインなどをとても気に入り、使い勝手にも満足。とはいえヘアアレンジに取り入れるためには、ある程度の長さがないとこれ一本で髪を結い上げることは難しく、ショートヘア(ボブくらい)になったタイミングで一年以上のお蔵入りは決定していました。

 

小枝のかんざしは、もともとAmazonで買ったお安いもの。そして髪を結うという使い道を失った後、なかなか「他の用途」というのも見つからなかった。そんなことを理由に目に留めるたびに手放してもいいかもしれない? というのを考えてしまいました。もうそういう習慣がついていたのだと思います。

それでも残す選択をし続けてきたのは、やはり気に入っていたから。そして今年の初春の頃、満を持して使用を再開できたときにはちょっと興奮してしまうほどでした。

 

このかんざしは今でもほぼ毎日のように活用しています。時々おろしたり、ゴムやヘアバンドでアレンジしたり、ちょっと変化をつけるのだけれど、かんざしでアップにするのが一番簡単(ほぼ一分でできてしまう)なんです。一日すごすのも楽だし、仕事の邪魔にもならないし、ロングヘアの方には一度試していただきたいと思うほど。

余談ですが、プラスチック製や細すぎる金属製のかんざしは直毛ロングヘアにはすべりやすかったので、個人的にはお箸よりも少し太めかな? と思うくらいの木製かんざしがお気に入りです。

 

ただ、私は今後もヘアドネーションをするつもりなんです。できれば来年、と思っているけれど、世情(感染症の問題)によっては再来年まで見送るかもしれません。いずれにしてもばっさり切るつもりでいます。そうなるとほぼ確実に、再びかんざしの出番がなくなるのだけれど、今後は迷わずに保管しておこうかなと。

安いものだったし、木製という素材からも経年劣化があるものかと思っていたのだけれど、じきに四年目に入る今もそれを感じません。つげ櫛などと同じく、本当に一生ものになってしまうかも。だとしたらとても嬉しいこと。

使わない期間があったとしても髪を伸ばし続ける限りは手元において、長くお世話になれたらいいなと思っています。

 

ただし、ちょっとした問題も残っています。

最近の彼がかんざしに興味を持ち始めたこと。

基本的には髪に挿しているし、猫の目の届くところで管理することもないのだけれど、入浴前に外して脱衣室に何気なくおいておくと目ざとく見つけてくわえて移動しているようです。

ちょっとやそっとのことで折れたり欠けたりすることはなさそうなかんざしですが、もしかすると猫にやっつけられてしまうかも……という不安だけは持ちつつ、できるだけ大事にしていく気持ちでいます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き