KINTO*シンプルトレイと、毎日のコーヒー。

こんばんは、ヤマネコです。

どちらかと言えば紅茶派なのですが、最近はコーヒーを淹れる機会が増えました。

デカフェを少し多めにドリップして、一杯はホットドリンクとして(ブラックは苦手なのでミルクを足して)。残った分をゼリーや氷につくり置き、というのが定番の流れになりつつあります。

 

ドリッパーをセットしてコーヒーを落とすうつわは、友人が贈ってくれたビーカー型の計量カップ。

熱湯をハンドドリップするときは、口の先が細いティーポットの出番。
計量カップには蓋がないので、必要ならシリコン製の落し蓋を載せて。

はっきり言って寄せ集めなのです。が、どれも大好きなアイテムなので、専用品に買いなおしたい気持ちは不思議とわいてきません。

 

ありもので代用しても心地よい。

これが「全部お気に入り」の醍醐味なのかも。

 

ただ少しだけ不自由していたのが、ポット類の下に使う「ポットマット」の不足についてでした。

ガラスの茶器(ビーカー含む)を使う場合、保温のためにも下に敷くものがほしい…と、木製の小皿を使っていたのですが、これは本来、菓子皿。敷き物に使ってしまうと、今度は菓子皿が足りなくなる…というイタチゴッコが時々勃発。

家族内のティータイムならともかく、困ってしまうのは来客時でした。

 

そこで、小皿を増やそうか?鍋敷きにするか?と散々悩んで購入したのが、キントー(KINTO)のノンスリップトレイでした。

トレイ(お盆)はこれまでも持っていたけれど、わが家にあった小さめのものはプラスチック製でした。デザインを気に入って買ったものだったけれど、以前、熱いティーポットを載せておいたら劣化してしまい、泣く泣く手放しました。今回はそれと交代させた感覚で。

KINTOのトレイはポットを載せても大丈夫かと心配していましたが、使い始めて二ヶ月、今のところ変色などの劣化もなく快適に使えています。

 

ベタベタに苦手意識のあった「ノンスリップ加工」も、このトレイは絶妙な滑り止め具合(?)で思いのほか使いやすくてびっくり。運ぶときに感動します。

圧縮合板ですがナチュラルな木目調のデザインも好み。ちなみにシールはキレイに剥がせました。

 

コーヒーやお茶を淹れるときはポットマットとして使い、そのまま運ぶためのトレイとしても活躍する。

菓子皿が足りない…と当惑することもなくなり、お客様の目に留まる場合にも違和感が減ったかなと思います。

 

ところで…KINTO、KINTOと連呼していますが…

実は購入時は知りませんでした。ただの木目調のトレイかと思ったのです。でもさすがKINTOと言うのか、とても使い心地のよいもので、ティータイムの「多用途愛用品」がまた一つ増えました。

 

 

本日の猫。

実は…同じトレイの小さなサイズを、猫用にも買ってしまいました。

(あとからKINTOだとわかって)ちょっともったいない?と思ってしまったけれど、結果的に「ノンスリップ」が大活躍しています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ