顔タイプ診断、セルフチェックを試す。

こんばんは、ヤマネコです。

ずっと気になっていた「顔タイプ診断」を、簡単にセルフチェックしてみました。

 

ちょうど一年前の12月に、友人と連れ立ってパーソナルカラー診断を受けに行きました。自分が持っている肌や髪、目の色など、それぞれと相性の良い色の傾向(コーデなどに活かせる情報)を知る、という診断です。

私の結果はスプリング。自己診断とは完全に真逆でびっくりしたけれど、これで肌をきれいに(健康的に)見せる服の色や、化粧品選びのヒントが明確になりました。長年苦手意識を持っていたメイク技術も、少しは成長するきっかけになったと思います。

そして、そこから新たに興味を持ったのが「顔タイプ診断」でした。

丸顔だったり、面長だったり。
一重だったり、二重だったり。

顔のパーツから「キュート」や「クール」などのタイプ分けをする診断です。

 

顔タイプを知ることで、相性のよい「服の柄」や「髪型」など、自分に似合うテイストが見えてくるのだそう。ようやく初歩的なメイクを始めた私にとっては、「どんな眉の形だと違和感がないか」とか、「どの辺りにチークを入れたらいいのか」とか、顔タイプがわかればちょっとしたヒントになるのでは? とずっと気になっていました。

ただ、田舎暮らし。骨格診断やパーソナルカラー診断と同じかそれ以上に、顔タイプ診断を気軽に受けられる場所がありません。それが最近では自己診断もできると知って試してみることにしました。

以下、無料で自己診断ができるサイト(わかりやすかったサイト二つだけ)です。

自己診断をする上で、一つのサービスだけでなく「複数のサービス」でセルフチェックをしようと決めていました。素人の見立てで行う自己診断なので、きっと結果はそれぞれ違うところに行き着くに違いないと思ったからです。

ところが、私の自己診断結果はどこで試しても「フレッシュ」でした。

 

唯一、こちらのサイトでは「クール」に分類。

ただ設問が直球なので「総合的な診断」とは少し違うようにも思いつつ、除外もできないかなと。

 

私の顔は面長(曲線的)気味なのですが、口や鼻などそれぞれのパーツが小さめだったり、目が一重で丸くなかったり(どちらかといえば切れ長)。そうして設問に答えていくと毎回「フレッシュ」。

ただ診断サイトにも書かれていましたが、自分で思っているほど「パーツが小さくない」とか「骨感がある」とか、プロに見てもらうと細々とした認識違いはたくさんあるのかもしれません。セルフチェックに正確性を求めることは難しいけれど、それでもたどり着いた結果に納得する部分もありました。

  • トップスに大柄をもってくると違和感がある。
  • シンプルですっきりしたファッション、カジュアルテイストが似合う。フリルなどが苦手。
  • ふわふわ系のヘアスタイルが苦手。ショートヘアが得意。

なんとなく「顔」と「服」の相性があるというのはわかります。私の顔で華やかすぎるドレスなどを着ていると(見慣れないという理由もあるとは思うけれど)なんだかおかしいと感じてしまうから。

自分では腰下に届くロングヘアが好きですが、おろしていると私自身の雰囲気からかホラー映画っぽくなってしまうし、結いあげているときのほうが好評なので、「短いほうが似合う」というのも理解できる気がします。

自分の好みと、客観的評価には齟齬がある。その点にも納得でした。

 

とはいえ、あくまで自己診断。いずれはプロの診断を受けてみたいなとも思っています。それでもまずは、この結果をメイクに活かしてみようかなと。

何をするにしても方針(ツヤかマットか? ハイライトを使うか控えるか? など)が決まらないと迷子になってしまう初心者。雑誌などにまとめられているメイクの仕方がすべて自分にあうとは思えないけれど、その判断すら難しい。そんな状況の私なので、自己診断から見えてくるヒントもだいぶ役に立ちそうです。

 

本日の猫。

どんなに眠くても……

カメラを向けて名前を呼ぶと、撮影につきあってくれようとする弟猫と、

瞬時に顔をそらす兄猫たち。私がカメラを向ける瞬間までは、三猫仲良くこちらを見ていました……本当に不思議です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ