白髪染めは、ヘナからリライズへ。

こんばんは、ヤマネコです。

十代から白髪がちらほら生え始め、二十代で白髪染めデビューをすませました。

最初の頃は白髪自体が少なかったこともあり、黒髪を明るい色へと染めるタイプのものを使っていました。ヘアカラーもファッションとして楽しくはあったけれど、ものぐさな私の性格上、白髪がなければ「髪を染める」という行動も起こすことはなかったかもしれません。

 

そんな中で出会ったのがヘナ。ヘナは伝統的な植物性の染料で、白髪染めにも使えます。同時にトリートメント効果まで期待できるという優れもの。当初の「染めると傷む」という思いこみを払拭してくれる存在でもあり、その後十年近くの愛用品となりました。

ところが三年ほど前からヘナの使用ペースが落ちまして、必要に迫られて選んだのが花王の「リライズ」という白髪染め。

現在、こちらが私の愛用品となっています。

 

リライズはムースタイプの白髪染め。

  • 「サーバーヘッドつき(155g)」と「つけかえ用(190g)」
  • 「まとまり仕上げ」と「ふんわり仕上げ」
  • 「ブラック」と「グレー」

選択肢が複数あるのですが、最初はサーバーヘッドつきを選ぶ必要があります。サーバーヘッドは使い回せるので、以後は同じ定価のつけかえ用(内容量が多め)を選ぶことができました。

更に私は直毛なので「まとまり仕上げ」、今はまだ黒髪が多いので「ブラック」を愛用しています。

 

ありがたいのは放置時間の短さ、5分でしっかり染まるんです。最初は疑心暗鬼だったものの、慣れてきた頃には不安もなくなり、とくに冬場の負担が減ります。

初回は三日(シャンプー三回分)連続で染める必要がありました。事前のレビューで承知していたのだけれど、使い始めて一日目、二日目はまったく染まったように見えなかったのに、三日目に髪を乾かした後はびっくりするほどきれいな染まり方に。二日目と三日目の間に起こった変化の原理が未だにわからないものの、得られた結果には満足しています。

週一ペースで使うとなると髪の傷みも心配でしたが、二年目の今もトラブルなし。ただ私の場合はトリートメント効果などの付加価値は感じないため、あくまで「染まり方に満足」という感想でした。

 

デメリットは、一本3,000円弱(ショートヘア四回分)とお高いこと。その一本でロングヘア全体を染めようとすると、とても一ヶ月はもちません。

コスパが悪すぎるように思えて当初は一本きりのお試しでやめるつもりだったのですが、実は私の白髪というのが部分的なものなので、そこだけを重点的に染めるならこまめな使用でも一ヶ月強(およそ二ヶ月)使えることに気がつきました。幸い髪の傷みもないので、これなら許容範囲かなと。

 

もう一つ、もしかすると使い続ける上での決め手になったともいえるポイントがありました。それはシャンプーをし、髪を染め、5分後にしっかり洗い流した後、改めて髪を拭くそのタオルに染料がほとんどつかないことです。

これまで使ってきた髪用の染料は、本当にくり返し、くり返し、いつもの何倍も丁寧に、しっかり洗いあげた! と思った後でさえ、染髪当日のタオルはうっすら汚れてしまうことが当たり前のようになっていたのですが、リライズの場合は、直後に白いタオルを使うことにもあまり不安がありません。その後白い服(パジャマ)を着たり、白いシーツに寝転んだりする場合のストレスもかなり減ったように思います。

髪は短時間でしっかり染まるのに、他のものは汚れにくい。これまで試してきたものとは大きく違うお気に入りポイントとなりました。

 

ところで私が最後にヘナを使ったのは二年以上前のこと。その最後の一回まで、ヘナに対して使用感への不満はありませんでした。十年も使っていれば多少のデメリットも理解した上で許容していたし、逆に大きなメリットも感じていたので、本当なら今もヘナカラーを続けたい気持ちがあるんです。

ただ、三年前、新入り猫がやってきまして、彼は毎日私といっしょにバスタイムをすごします。問題となったのはそこでした。

  • ヘナは染めるのに時間がかかる。一人ならともかく、猫を待たせることになる。
  • ヘナのにおい(草っぽい)に猫が興味を持ってしまう。口に入れてしまう危険性も感じた。
  • 染めた後のにおいはしばらく髪に残るため、就寝中の私の頭も気になる様子だった。

浴室内での問題については、もちろん「染める日だけは猫を連れて行かない」という方法も真っ先に考えはしたのです。ただ自分にとってのメリットや優先事項を考えた結果、私がとったのは今回の選択。

またもう少し前にさかのぼると、闘病していた猫とすごす時間を一分一秒でも増やすために、白髪染め自体をやめていた時期もありました。その当時は5分でも惜しんだと思うけれど、ヘナにこだわらず、色々な選択肢があることを知っておいてもよかっただろうなとも思いました。

(ちなみに髪を染める作業中だけは、猫を脱衣室に移しています)

 

猫との暮らしのため、他のことはできるだけ簡潔に、時短で。

それで失うものもゼロではないけれど、これは自分の幸せのため。その時々の選択が自分にとっての正解だと思うようになりました。

 

以下は私が購入したもの(まとまり仕上げ・ブラック)です。

 

本日の猫。

私にヘナの使用をあきらめさせた猫がこちらです。

この子といっしょにお風呂に入れること。そのほうが私にとっての優先順位が高かったんです。

眠っているかと思いきや、しっかり起きてるところもまたかわいいなと思ってしまいます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き