キュキュット*食器洗いに、復活の中性洗剤。

こんばんは、ヤマネコです。

ここ数年は手にする機会の少なかった、食器洗い用の中性洗剤の使用を再開しました。

取り入れたのは昨年末なので、それからおよそ半年。

もともと中性洗剤をやめたのはナチュラルクリーニングに取り組み始めたことがきっかけでした。排水を汚さないこと、そのついでに手荒れの予防などもできればと考えていたけれど、年々少しずつ考え方も変わっていき、とうとう今回の中性洗剤再採用になりました。

なお、こちらの写真は昨日のせたものですが、実は昨年の状態です。

 

新たに使い始めたのは、花王のキュキュット泡スプレー。

他社にも似たような商品があって迷ったけれど、地元のスーパーで見かけた「無香料」仕様はこちらだけ。ここ数年はキッチンで食品(扱う食材)以外の香りを感じるのを避けるようになったため、私にとって無香タイプがあることは大事なポイントでした。

昨日もふれましたが、スポンジをやめて棒たわし(スポンジほど泡立たない)を愛用しており、最初から「泡」で出てくる洗剤が理想的。それもスプレー型なら手が洗剤にふれる機会はぐっと減ります。その点にもメリットを感じました。

 

このスプレーの基本的な使い方としては、汚れに泡を吹きつけて「一分放置」。それから流します。

一分間とはいえ待ち時間が必要になりますが、事前のスプレーだけなら手も濡れたり汚れたりしないので、ちょっとした用事をすませてから最後の「洗い」という作業に臨むようになりました。

 

出てくる泡はこんな具合。

スプレーなので厚みのあるもこもこというわけではないけれど、さらっとした液体洗剤より定着力があります。ただピンポイントで吹きつける感覚になるため、オーブンの天板など、広範囲に使いたいときは使用量が増えそうでした。

そこで棒たわしや、その時々で使った(これから洗う)ツールで、ワンプッシュの泡を広げてみることに。いつも付着している汚れや油はできるだけ拭き取ってから洗うため、広げた泡でも十分な洗い上りだと感じます。

わずかな油汚れなら、まったくこすらなくても(商品名どおり)キュキュットしました。

 

この泡スプレー、おそらく「補佐」として使うのが正解。従来のスポンジで泡立てるタイプの液体洗剤をメインにしておき、もう少しかゆいところに手が届くようにするための、泡スプレー。公式サイトにもそのように書かれていました。

スポンジで洗うキュキュットとの併用をおすすめしています。スプレーはスポンジが届かない奥・ミゾ・スキマの汚れに。スポンジで洗うキュキュットはお皿やフライパンなどの平らな調理用具・食器にお使いください。
引用元:公式サイト質問コーナー回答より

でももともと洗剤の使用量が少ないわが家では、これだけでも十分かなと。

  • 洗う前に食器やツールからごみを取り除き、油汚れも拭き取っておく(個人の皿は各々お願いする)。
  • 広範囲の場合は泡を広げてから放置するよう心掛ける。

こんな使い方で半年、現在二本目(に交換したばかり)です。

切り替えるときにすごくいいなと思ったのは、「つめかえ用」と「つけかえ用」が用意されていること。

つめかえ用というのは、空ボトルに注ぎ足せる(三回分)大容量ボトル。
つけかえ用というのは、スプレーヘッドだけを古い空ボトルから新しい中身入りボトルへと交換するタイプ。

「つけかえ」ならスプレーヘッドの交換だけなので家族にもお願いしやすいし、「つめかえ」も三回分の大容量ならストック一本で当分安心。こういう仕様、あとから今どきは当たり前(?)らしいと知ったのですが、私は久しぶりに購入した食器用洗剤だったので初体験。なんだか感心してしまいました。

 

もう一ついいなと思ったのは、やはり「中性」であること。これまでの石けんやセスキ水などはアルカリ性で、アルミ製品は黒ずんでしまう心配があったけれど(クエン酸でリセットはできますが)、中性洗剤ならその心配がありません。

愛用し始めたアルミのストローなどは、「内部まで手が届かない」「アルミ素材」とまさに二重苦。ブラシで洗うことはできていたものの、今回の泡スプレーとの相性は抜群だと思えました。

 

この泡スプレー、使用ペースによってはすごくコスパがいいわけではなさそう。でもスポンジ不用でも使える洗剤としての使用感はとてもよかったです。

中性洗剤をやめた後、年月を重ねるほどにたくさんの利点を発見したし、逆に問題を感じることも多々経験しました。他のご意見をさがしたり情報集めもしますが、どんなことでも自分で体験して感じること、考えることを大切にしたいので、またしばらくはこの「中性洗剤のある暮らし」を続けてみようと思っています。

 

本日の猫と、例のクイックルワイパー。これも花王の製品でした。

室内を一周し、かなり猫の毛を絡めた後なのでモザイクをかけております。

その一周中も、つかず、離れず、ずっとこの状態でした。

並走する仲間?
床をすべる猫じゃらし?

いったい彼はクイックルワイパーのことをなんだと思っているんでしょうね……?

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き