鏡開きと、餅じまい。

こんばんは、ヤマネコです。

年明け最初のぞろ目の日、今日は鏡開きをしました。

 

わが家の鏡餅は、ここ数年同じものを使っています。

簡単に二つに開けるタイプ。

陶器製で、お正月の間は切り餅を収納した状態でかざっています。この中身をいただくのがわが家の鏡開き。

うつわとなっている鏡餅のほうは二週間ほどのほこりを払い、紙に包んで元どおり。

保管時の箱は買った当時のままですが、サイズや厚みがちょうどよいので今は残して活用しています。

 

一年に一度しか使わないものを持つのはもったいないかな、と毎年思います。

ただ鏡餅って意外と高いし、大きいものは調理しにくいし(水に浸けておくのも事前の手間がかかるし)、小さいものは家族で分けにくい場合があるしと、なんだかんだでいつも年末に買うかどうかで悩んでいたんです。でもこのうつわに切り餅を入れておくと食べやすいし、他の飾り(御幣など)も手づくりすれば、ごみやコストを増やさずにすむ点も気に入って愛用中。

切り餅はストックしてあるので、年末、思い立ったときに家にあるものだけをそろえれば用意できます。買い忘れを減らせる安心感もあるかなと。

また来年もお世話になるつもりで、改めて納戸にしまいました。

 

余談ですが、昨年末(今年用)に鏡餅を出して飾った当初、だいだいどころか小さめのみかんも家になくて、おりがみでつくった紙ふうせんをのせていました。さすがにそこまで手づくりでなくても、と見かねた家族がみかんを調達してきてくれたんです。無事に鏡餅っぽくなったかなと。

そして本日片づけながら、そのみかんは私のおやつになりました。

 

本日の猫。

洗濯物を干しているときと、台所しごとをしているとき、必ず彼が抱っこを求めてきます。今日はキッチンにおいた椅子に座っての作業中にやってきました。

そして始まる毛づくろい。私の上でやらなくてもいいのでは。

「なんか言った?」の視線でしょうか。いいえ、なんにも。

そしてそのまま眠り始めるので、しかたがなく割烹着の端を体にかけてあげるのですが……

最終的にはこうなります。

抱っこひも用のさらし、今日は洗濯中だったのですが、洗い換えを用意しておくべきかもしれないなあと思いました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き
シンプル・ミニマルライフの美容と健康