鏡開きと、消えた餅。

鏡開きと、消えた餅。

こんばんは、ヤマネコです。

本日は鏡開き。わが家でも飾っておいた鏡餅をいただきました。

毎年のことですが、わが家の鏡開きはとても簡単。

陶器製の鏡餅を使っているため、開くのは一瞬です。

中には切り餅を入れておき、それを鏡開きにあわせて調理するのが毎年の習わしになりました。

 

ただその餅の料理の仕方については、毎年少し悩みます。おぜんざいにするのが一般的な印象ですが、私はどちらかと言えば「甘いお餅」ではない食べ方のほうが好き。

おやつではなく、食事と考えるならなおさらでした。

 

というわけで、昨晩のうちに家族と相談しておき…

七草粥に引き続き、今度は「餅入り」の玄米粥をいただくことに。

 

七草玄米粥づくりがとても簡単だったので、今回も迷わず圧力鍋を使います。ただお餅を入れるのは初めて。詳しく調べればよかったのですが、見切り発車でお餅をそのまま投入しました。

あとは前回と同じく、20分間の加圧調理。

そして、お餅は消えました。

 

市販の切り餅には、原材料「もち米」のものと「もち米粉」のものがあると思うのですが、母が昔から「もち米の餅」にこだわる人だったので、私も自然とそうなりました。だから今回のお餅も、もち米100%。

もち米粉のお餅は汁物などに入れるととけるイメージでしたが、圧力鍋はどんなお餅でも無差別にとかすようです。

そして完成したのは、少々ねっとりしたお粥。時々餅っぽい残骸(?)が舌にふれるけれど、過去にいただいた「餅入り粥」とは別物。まずいというほどではないものの、欲を言えばもう少し餅感が残っていてほしかった。

次回からは改めて、餅を投入する方法やタイミングを研究しよう、そう考えるよいきっかけになりました。

それでもわが家の鏡開きは、今年も無事に完了です。

 

鏡餅をいただく風儀も、無病息災を願ってのこと。

今まであまり考えたことがなかったけれど、日本の風習を一つ一つなぞらえながら暮らしていくだけで、毎日がこれまでより少しだけ豊なものになり、一時一時がとても心にしみる時間に思えてきます。

 

毎日を大切に想うとき、見つめなおすテーマ。

 

本日の猫。

最近、不思議なことが起こるんです…。

置いた場所からおもちゃが消えたり、残しておいたごはんがなくなったりするんです…。

おばけでしょうか…。
(答え:猫です)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、応援ポイントが入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ