トレイでつくる、数珠の定位置。

こんばんは、ヤマネコです。

三年ほど前に100円ショップでポリプロピレンのトレイを買いました。

形状やサイズ感が、無印良品のシリーズに似通ったタイプのものです。

ただしあまり透け感のないホワイト。新品時の写真は2019年購入時のものです。

色の違いや、徒歩圏で手に入る気軽さなどを理由にこちらをお試しで購入。このときは収納グッズというより、猫たちのごはんのうつわをのせる受け皿のような形で選び、問題なく使っていました。

目的の用途では現在も便利に活用を続けているのだけれど、猫の性格や使用環境の違いからいくつか余分ができたため、それらを昨年から数珠の定位置として使うようになりました。

 

時々ふれていますが、私は毎日お仏壇に向かうときに数珠を手に取るのが習慣になりました。しまいこまず、使う場所のすぐそば、それでいて埃よけになる対策をと考えながら使い始めたのがこのトレイ。

同じトレイはスタッキングすることができるのですが、高さのある親珠や房にも引っかかることなく収まりました。数珠自体はは手づくりの略式。

余裕のあるスペースに一連を収めているけれど、無理なく二連並べることもできるサイズです。

余談ですが、眠り猫は子どもの頃に祖母からもらったお土産の焼き物。置物のようなので手放そうとしたこともあるのですが、今はしごと道具として活用しています。今回、白いトレイだけではカメラのピントがあわなかったのでのせてみました。

 

数珠を収めるのに大きすぎず、小さすぎず。とくに高さがしっくりくるのは理想的でした。

ケースとしては多用途なので、数珠用にもっと良い管理方法を見つけたら、空いたものは他に回すこともできます。また同居猫に変化があれば、再び食器用のトレイとしてお世話になることもありそうです。

プラスチックは味気ない印象もありますが、丸洗いできるおかげで清潔感を保ちつつ扱いやすいのはとても便利。ごみ問題と切り離せない素材ではあるけれど、アルコール消毒などにも対応しているおかげで様々な用途で長く活用できそうです。

 

本日の猫。

リビングですごしているときは兄猫たちに遠慮して(?)人間と距離をとる弟猫。その代わりにいそいそと抱っこにくるのが兄猫。

いつもお気遣いありがとうございます、の労わりタイムを設けています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き